春雷(しゅんらい)とアロマキャンドル

3月 15th, 2008

今日は朝から晴れのお天気でした。
鶯たちもボイストレーニングを始めたようで、時折遠くからその可愛い鳴き声が聞こえてきました。

昨日お伝えした雨はその日の夕方から激しさを増して、かみなり様まで連れてきちゃいました。
その轟きは家の中にいてもビリビリビリッと物凄く、驚いた数分後には辺り一面が真っ暗闇に!
近くに雷が落ちたようで、お店の一帯は午後6時過ぎから約1時間半ほど停電してしまいました。(^^;

真っ暗な部屋・・・。
そこで登場したのが、お店で販売予定のアロマキャンドル!
停電で登場!なんていうのもお恥ずかしいような気がしますが、ご紹介させていただきますっ。

ガラスの容器に入ったカラフルなアロマキャンドルは、カラフルで見ているだけでウキウキしてきます。
香りが数種類あって選ぶときにはワクワク、灯してさらに楽しみが広がる癒しグッズです。

私がこの日にチョイスしたのはユーカリの香り♪
って、暗がりの中だったので、ゆっくり選んだワケではないけど・・・お部屋の中は優しい光とメントール系の爽やかな香りに包まれて、癒しスポットに?!ちょっぴり幸せな気分になりました。

蛍光灯の明かりもない、PCも使えない、とても不便な時間なはずが、最高に素敵な時間になりました。
たまにはこんな過ごし方もイイもんだなぁ~と実感し、スローライフを満喫した夜でした♪

aroma-candle.jpg

写真は停電で大活躍?!のアロマキャンドルです。
そんなアロマキャンドルのUPを楽しみにしていてくださいね。

私にスローライフをもたらした昨日の雷は、「春雷(しゅんらい)」と言われているそうです。
啓蟄の頃に鳴る雷を「春雷(しゅんらい)」と言い、春の到来を告げる雷として知られている。

「しゅんらい」、とても響きの良い言葉ですね♪

?—以下「はてなダイアリー」より引用—

春雷(しゅんらい):春の初めになる雷。春の到来を伝えてくれるという事で大変めでたい雷とされ、その雷により雨が降り農作物も多くできると農民にも喜ばれるものと知られている。
雷鳴に驚き冬眠していた地中の虫たちが目覚めるという想像から、「虫出しの雷」という呼び名もある。

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta