星の王子さま(Le Petit Prince)

3月 25th, 2008

butterbur-sprout.jpg?

庭の片隅で春を待っていた「ふきのとう」。
硬い蕾は、いつの間にか膨らんで、こんなに可愛らしい花をつけていました。

そんな「ふきのとう」を眺めていたら、思い出したことがありました。
そう、今日のタイトルにも挙げた「星の王子さま」です。

?絵本の表紙を飾っていたあの王子と王子の住んでいる星の絵。
なんだかこの「ふきのとう」に似ているような・・・。

「星の王子さま」は、フランス人の飛行士・小説家のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの代表作です。
世界中で愛されている物語は、誰もが一度は手にしたことがある不朽の名作。

私が「星の王子さま」と出会ったのは、子供の頃の絵本でした。
今では多くの出版社から新訳書が出版されているようなので、読み返してみようと思います。
子供の頃とは違う何かを見つけられるかも知れません。

”l’essentiel est invisible pour les yeux”
「本質は、目でとらえることができないもの」ということを念頭におきながら・・・。

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta