歴女!?甲府城へ行く。

3月 18th, 2009

先週末のこと、義両親が映画を観に行くと言うので、義父の運転する車に便乗して山梨県甲府市まで出掛けて来ました。

この日は、晴れてとても気持ちの良いお天気だったこともあり、私は映画館周辺を散策することにしました。
下調べなし、地図も持たずの行き当たりバッタリのぶらり散歩です。

アーケード街を通り抜け、路地を少し進むとその視線の先に石積みの遺跡のようなものが見えました。
近寄ってみると立派な城壁でした。

甲府には、何度か足を運んでいたのですが、今までこの城の存在を知りませんでした。
甲府駅から約5分の場所にあるお城です。

s-p2040060.jpg

”甲府にあるからきっと『甲府城』 だね!”は、大当たり!!

ここは、今から400年ほどむかし、武田氏が滅んだ後に豊臣秀吉の命で浅野長政・幸長らにより築城された『甲府城』跡でした。

この城の通称は、舞鶴城(鶴が羽を広げた姿に似ていることから)・一条小山城(一条小山という小高い山に築城されたから)として親しまれ、今では『舞鶴城公園』として観光客はもちろんのこと、市民の集う憩いの場所となっていました。

甲府城の本丸までの道は、意外にも急な階段を登るコースがあり、ちょっとした運動にもなりそうです。

ここからの眺めはとても良く、甲府の街を一望でき、城下町として栄えた時代に思いを馳せます。
また、遠くには富士山も望むことができる素晴らしい所でした。

s-p2040062.jpg

公園整備によって作られた広場では、縄跳びをするカップル・嬉しそうに走り回る子供の後ろから心配そうに追いかける若いママたち・リハビリ中の小父様、シルバーボランティアの方々とたくさんの人と出会うことができました。

あたたかな陽射しの下、みな思い思いの時間を過ごされているのが印象的でした。
今思えば、ここにいた間は時間がゆっくりと流れているように感じられたような気がします♪

甲府城跡(公園内)では、白木蓮が咲いてました。
青空とのコントラストが美しいですね。
桜は今にも咲き出しそうなくらい蕾が膨らんでいたので、今週末辺りはお花見もできるかも知れないです。

s-p2040064.jpg

ここ最近、歴史人気が高まり、小説、ドラマ、マンガやゲームに登場する人物の熱心なファンとなり、ゆかりの地をめぐったり、グッズを収集したりする様子がクローズアップされています。
ことに女性が目立つらしく「歴女」とか「戦国乙女」とか言われているようです。

私もそのブームに乗ってしまったか?
大河ドラマの主人公の本を買ったのですが、なかなか読み進みません・・・。
そんな私は、なんちゃって「歴女」と言われています(涙)

やっぱり試験前に必死に暗記した歴史は、今や何の役にも立たず、 もう一度勉強のやり直しが必要のようです。

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta