山百合と紫陽花のコラボ

7月 21st, 2009

6月に帰省した際に裏庭で咲いていた山百合と紫陽花です。
緑の中に咲く花たちはとっても綺麗でした~♪

s-R0011068

山百合の花は、去年よりも少ない14個の花と蕾を携えていました。
順々に開花して、辺りは濃厚過ぎる甘い香りに包まれます。

この山百合、毎年たくさんの花をつけてくれるのですが、毎年その重みで茎がグウィーンとしなります。
その様子を去年ハラハラしながら見守っていた父。
今年は蕾の小さなうちに竹で補強をしたようです。

せっかくの自然美が~って感じになっていましたが、せっかく蕾をもっても折れてしまっては可哀想なので、良しとしますか・・・。

その横の紫陽花の葉っぱは虫食いの穴がいっぱい開いていて、ちょっぴり可哀想な感じでした。
きっと虫たちにとって、やわらかくて美味しいご馳走だったのに違いありません(笑)

s-R0011070

「百合の王様」と言われていて、神奈川県の県の花にも指定されている山百合は、開花の時期であれば神奈川県内の山の斜面に目をむけるとかなりの確立で見ることができます。
(横横道路なんて山を削った両側の斜面に咲き乱れていますよ!)

虫たちに立ち寄ってもらうための作戦ではあると思えるのですが、この斑点がなければもっと美しいでしょうに・・・。

百合ってゴージャスですが、部屋の中で飾るのは苦手です。
あのゴージャスな香りに頭がクラクラ、気分を悪くしてしまうのです。

あれから早1ヶ月。
富士山西麓にも山百合の季節がやって参りました。
この辺りでは、これから山百合と紫陽花のコラボが楽しめます!

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta