ハワイ周遊の旅(ハワイ島編)

6月 29th, 2008

ハワイ周遊の旅3日目は、ハワイ島ヒロの町からスタートです。
今日も晴れて、絶好の観光日和となりそうです。

hawaii-000.jpg

このハワイ島は、ハワイ諸島の中で最も新しい島。
「ビック・アイランド 」の愛称で親しまれているハワイ州最大の島です。
ハワイ島は、18世紀にハワイを統一したカメハメハ大王の出身地で、島内には王家にまつわる史跡や古代ハワイアンの歴史を知る上で重要なスポットがたくさんあるそうです。
また、1つの島の中でいくつかの異なる気候エリアが存在しており、それを楽しみめるのもハワイ島の特徴とのこと。
ハワイ旅行3日目、どんな1日になるのか楽しみです!

hawaii-001.jpg

昨夜1泊したこのヒロの町は、日系移民によって開拓された町で、町のあちらこちらに日本語らしき表記のお店があり、どこか懐かしい雰囲気が漂います。
しかし、今では、6世7世へと世代交代し、日本語を話せる人も少なくなっているとか・・・。

そんな話を聞きつつ、本日最初の休憩?お土産?スポットへ。
何1つとして観光をしていないのに、もうお土産屋さんに到着のハワイ旅行です。
”Creative Arts”(クリエイティブ・アーツ)というヒロの町にあるTシャツ屋さんの駐車場にバスが横付けされました。
ここは、小さな店構えのお店なのですが、Tシャツの種類やサイズが豊富で、店員さんの対応が素晴らしく良かったのが印象的でした。
お手頃価格でなかなかの品が揃っていることもあって、お土産にと沢山買い込んでいる親子に触発されてか、私もここでハワイ旅行の思い出にハイビスカスがプリントされたTシャツをゲットし、バスに乗り込みました。

そして今日最初の観光スポットの”虹の滝”に到着です。
この”虹の滝”は、落差の小さな滝ですが、流れ落ちる水量が多く、虹がかかる確立が高い(天候によって左右されるので)ことからその名前がついたそうです。
虹がかかるのは午前中ということですから、私たちは虹に遭遇するベストな時間帯に到着です。
肉眼では、はっきりと見えた綺麗な虹も、写真に残すとこんな感じになってしまいました。
どうです?ちゃんと見えていますか?

hawaii-002.jpg

そして、一行は心待ちにしていた?お菓子屋さんに寄り道をしました。
ここは”BIG ISLAND CANDIES”(ビック・アイランド・キャンディーズ)というお店。
ハワイ島でのお土産としては、欠かせない人気ショップのようです。
ハワイでは、このハワイ島の直営店とワイキキのDFS(ここでは商品点数に限定あり) でしか買えないらしく(オンラインショップもあるようですが)、ハワイっ子の間でも美味しいと評判のお店という話を聞き、今回のハワイ旅行のメインのお土産はココにと決めていました。

店内に入ると簡単な商品説明とオススメ品の試食をいただくことができます。
嬉しいことにコーヒーのサービス(実はこのコーヒーも試飲だったのですが)までありました。
工場直結の店内からは、ガラス越しに製造行程の一部を見ることができます。
1つ1つ丁寧な手作業によって作り出されるお菓子たち、価格と品質のバランスに思わず納得です。
この店の一番人気は、”DIPPED SHORTBREADS”というもので、サクサクのクッキーの半分にチョコレートをコーティングしてあります。
クッキー生地やコーティングのチョコレートは、種類が豊富でどれにしようか迷ってしまうほどでした。

大興奮のショッピングを終え、レジ横のアイスクリームを買ってバスに乗ります。
本命ではなかったのですが、このお店のアイスクリームがかなり美味しかったので、オススメです!
そして、お買物の量に応じてチョコレートやクッキーが崩れないようにダンボールの小箱に入れてくれるのですが、お土産用の袋はお願いしないと入れてくれないので、要注意です。
ここはやっぱり外国、日本の方がサービスが行き届いているように感じました。

しばらくするとバスは、ハワイ火山国立公園へと入っていきます。
今でも噴火を続けている”キラウエア火山”は、ビッグ・アイランドの観光からは外せない人気のスポットになっています。
ここは、火の女神ペレが住むといわれている場所でハワイの人たちにとっても神聖な場所の1つです。

hawaii-003.jpg

到着時には噴煙の量も少なく、薄曇のはっきりとしない天気だったのですが、3月のハワイ周遊ツアーで来たときには、火山活動が活発化し、この周辺一帯の立ち入りが禁止になったと聞きました。
曇っていても実際に目の前で見ることができたことはラッキーだったようです。
徐々に噴煙の量も増え、火山活動の動静を直に感じることができました。
この火山の噴火は、気性の激しい火の女神ペレの怒りによるものだと考えられているそうです。
この女神ペレに引き裂かれたオヒアとレフアの悲しい恋の物語を聞きながら、 古代ハワイアンから語り継がれているハワイの伝説を1つ1つ調べてみるのも興味深いかも~と思いました。

このキラウエア・カルデラを望むところに隣接する”ジャガー・ミュージアム”でキラウエア火山に関する展示品等を見学し、その後、”サーストン溶岩トンネル”に行きました。
熱帯植物の生い茂る道を歩いていくと、その入り口がぽっかりと開いていて、その中を歩くことができます。
”サーストン溶岩トンネル”は、溶岩が流れ出た後にできたもので、洞窟のような雰囲気の場所は、一周約10分間で冒険することができました。

hawaii-005.jpg

軽い運動をこなした後は、昼食の時間です。
この日は、キラウエア・カルデラを見ながら食事ができるという”ボルケーノ・ハウス”でランチブッフェをいただきました。

hawaii-004.jpg

ハワイ火山国立公園の”キラウエア火山”を観光して、火の女神ペレに抱かれたハワイ島のダイナミックな大自然と地球の息吹を感じるに相応しい場所であったと記憶に残りました。

そして、お腹のいっぱいになった一行は、”プナルウ黒砂海岸”を目指します。
この海岸は、火山が噴火した際の溶岩が砕けてできた真っ黒な砂が一面に広がる美しいビーチ”Black Sand Beach”です。
ヒロからもコナからも少し遠い場所にある”黒砂海岸 ”は、人が少なく、静かで穴場的なビーチのようです。
この”プナルウ黒砂海岸”には、アオウミガメが甲羅干しをしにやってくる場所としても有名です。
ウミガメの保護から、カメから4.5m以内の立ち入りは禁止されていて、それを犯すと厳重に処罰されるとの忠告がありました。
何だかそういう風に言われると、ちょっぴり緊張しつつ黒い砂浜を散策したのですが、彼らは波に揺られながらプカプカ浮いていて、時折海面から顔を出す姿しか見せてくれませんでした・・・。

hawaii-006.jpg

hawaii-007.jpg

これは余談ですが、ここハワイ島には、この”黒砂海岸”の他に白い砂浜と緑の砂浜が広がるビーチがあるそうです。
自然の創り出した偶然の産物にちょっぴり神秘的な気分になりました。

バスは、アメリカ最南端の地、カ・ラエ岬、通称”サウス・ポイント”を抜けて走ります。
ここ”サウス・ポイント”には、ポリネシアからの移住者たちが一番最初に上陸した歴史的な場所で、この岬の先に緑の砂浜が広がるグリーン・サンド・ビーチがあるそうです。
緑の砂浜ってどんな風なのでしょう?

今日の宿泊地は、ハワイ島コナ。
短い期間で4島を周遊するということで、どうしても移動が多くなってしまったこのハワイ旅行ですが、今日は久しぶりに飛行機を使っての移動から解放される日となりました。
同じ島に滞在できるって幸せ~♪

さて、今から行くコナという町は、コーヒーの産地としてとても有名な場所です。
その名前は広く知られていますが、この”コナ・コーヒー”は、全世界のコーヒー生産量の1%にも満たないそうです。
ハワイ島の特有な気候と土壌が生み出すコーヒー、その希少で高品質の”コナ・コーヒー”は、ブルーマウンテンやキリマンジャロと並んで日本でも人気の高いコーヒーだそうです。
私たちはホテル到着前にこのコナ地方の限られた場所でしか生産されないという”コナ・コーヒー”の農園に立ち寄りました。

このコーヒー農園では、ここで生産されたコーヒーの全種類の試飲ができます。
お気に入りのコーヒーを探してあれこれ試してみると、やっぱりブレンドされているものよりも100%ピュアの”コナ・コーヒー”が美味しく感じるのでした。
フレバーコーヒーが苦手な私、色々と試飲した結果、100%コナコーヒーのピーベリーの小さなパックを買うことにしました。
なんだかんだで、今日はお土産を買ってしまったような・・・手荷物やや多めでホテルにチェックインです。

今日の夕食は、ホテルの庭で”ルアウショー”を見ながらのバイキング(フリードリンク付)です。
”ルアウショー”は、豚丸ごと一匹蒸し焼きショーに始まり、陽気な司会者のトークと歌、フラやポリネシアンダンスと続き、客席の人たちにスポットをあて更に会場を盛り上げます。

hawaii-008.jpg

今日という日を含め、ハワイ旅行を特別な記念日(新婚旅行や誕生日、結婚記念日の旅行)にと過ごしている人たちの情報を事前に入手しておき、ステージからその人たちの名前を呼び上げるのです。
すると、司会者がその人たちに、どこの国から来て、どんな目的で旅をしているのか、色々な質問攻めにします。
会場のほとんどが新婚カップルや結婚記念日をお祝いする家族連れということで、その質問と答えに客席の反応上々で、ボルテージもグングンと上がって行くのが面白かったです。
中には結婚60周年というカップルがいらして、新婚さんへのアドバイスなんかもされていらっしゃいました。
その方たちよると夫婦円満の秘訣は「奥様の言うことには全て”Yes”と答える旦那様の寛大な心」ということでした。
「なるほどなぁ~」と関心してしまいました。

hawaii-009.jpg

ファイヤーダンス、その後に客席から数名選び出し、ダンサーといっしょにフラを踊ります。
会場は身内のフラにまた歓声が沸きます。
そうやって、ハワイ島コナの夜は更けていきました。

”ルアウショー”がお開きになると、まるでショーが終わるのを待ってくれていたかのように雨が降り出しました。
旅行の時に降られる雨ほど嫌なものはないけれど、このときばかりは優しい雨に感じました。

少しのアルコールと楽しい時を過ごして、今日はぐっすり眠れそうです。
明日は5時半起床でオアフ島に移動です。
早く寝なくっちゃ!

ハワイ島にもっと滞在ができるなら、世界有数の天体観測地になっているマウナケア山で究極の星空を眺めてみたい。星空がダメなら、朝日でも夕陽でも良いなァ~♪
キラウエア火山では、ツアーに盛り込まれなかった溶岩ハイキングや活動中の赤い溶岩を間近で観察したりもしたいなぁ~とハワイ旅行への欲望は尽きません・・・。

ハワイ周遊の旅はつづく

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta