朝霧高原で山百合が見ごろ

7月 28th, 2009

s-IMG_4139 

朝霧高原では山百合の花が見ごろを迎えています。
山百合の花言葉は、威厳、荘厳。

降り続く雨のせいで開花後の花持ちはあまり期待できないのですが、白くて華麗な大輪の花は周囲を明るくしてくれています。

今日は雨の中、買い物しようと町まで出かけたのですが、私のお目当てのお店はお休みでした(涙)
わざわざ遠回りをして寄ったのに、今日は定休日だったのかなぁ?

欲しいと思っていたものは買えなかったのですが、寄り道をしたお陰で新しくできたパン屋さんを発見することができました。
今度お邪魔してみよようと思います♪

テンション下がって、一気にアップしました~☆
単純です(笑)

晴れのち曇り、また雨

7月 26th, 2009

今日は、朝起きると太陽が顔を出していました♪
やっぱり晴れていると気持ちが良いですね!!

昨日の雨で多少湿度が高いものの、太陽の光があるのとないのとでは、こうも気分が違うものかと思いました。

少し体を動かしただけで、額には汗。
でも、ずっと太陽に会えあるのを待ちわびていたわけですから汗ぐらいなんの!です。

洗濯物を干し終えて、カメラを持って外に出てみると虫たちも太陽の下、忙しそうにしていました。

s-IMG_4131
s-IMG_4127

花も緑も虫たちも輝いていました~♪
花から花への移動中にちょっと失礼して・・・やっぱり逃げられたぁ~!
動くものはどうも苦手です(汗)

s-IMG_4145
s-IMG_4146

そんなお天気も長続きせず、お昼をまわると空はまたいつものように雲に支配され、14時を少し過ぎた辺りには雨が降り出しました。

雨音に気付き、慌てて洗濯物を取り込んで、セーフ。
ポツポツと降っていた雨は、みるみるうちに土砂降りになりました。

今日も雨になってしまいましたが、いつもと違う気分で雨を迎えました。
太陽に感謝の日でした。

今日、隣町ではおまつりが開催されていて、夜は花火が打ち上げられることになっているのですが、お天気が心配です。

どうか無事に花火大会を楽しめますように☆

牛乳スープの『みるくラーメン』

7月 19th, 2009

富士宮みるく学会認定の『みるくラーメン』を食べに行ってきました。
私が食べに行ったのは、富士宮市東町にある中華料理ふくじんです。

ふくじんさんの『みるくラーメン』は認定2号店だそうで、今は認定4号店まであるそうです。
じゃ~ん!これがふくじんの『みるくルラーメン』です。

s-IMG_4026

ラーメンの名前は、ミラクルとかけているのでしょうか。
ネイティブ富士宮の方は、相当駄洒落がお好きなようです(笑)

お店の中に入り、早速その『みるくルラーメン』をオーダーしました。
するとお店の方から質問が・・・。

店主さん「お客さんはどちらからですか?」
私「市内です」
店主さん「ニコッと笑って、やっぱりね」
私「どうしてですか?」

話を聞いてみると『みるくラーメン』は、売り出したばかり。
まだそれほどメジャーになっていないようで、市外からいらっしゃるお客さんは少ないとのこと。

それには、普通に納得しちゃいました。
初めて来たなら、やっぱり有名になったやきそばを食べたいもんね!
そんなやり取りをしているうちにラーメンが出来上がりました。

s-IMG_4034

牛乳スープの『みるくラーメン』。
彩りが綺麗で、美味しそうでしょ!?

多少の乳臭さは覚悟してオーダーしたのですが、私の予想は嬉しいことに見事に外れてしまいました。
そう、加熱しているのにもかかわらず、不思議とあの牛乳特有の臭いがありませんでした。

麺は、縮れのやや少ない中細麺。
スープは、牛乳と秘伝の出汁に味噌を入れた、コクがあるのに、さっぱりとした後味が魅力のスープ。

まるでスープスパのような雰囲気の『みるくラーメン』は、どちらかと言うと女性ウケしそうなお味だと思いました。

トッピングには、サッと茹でたもやし、生の水菜、スイートコーン、人参、そして鶏肉ととってもヘルシーな印象を受けました。
コクのある牛乳スープに絡めていただくので、鶏肉以外のトッピングには味付けはしていなかったと思われます。

上に乗っていた鶏肉がまた不思議な食感でした。
何の肉か分からなかったので、聞いてみると鶏のムネ肉という答えが返ってきたのですが、何やら少し手を加えているとのことでした。
あの食感、一体どんな手を加えているの?
気になるなぁ。

私も食べることが好きなので、色々と試す方なのですが、これは普通に美味しいと言える味でした。
強いて言えば、もっとスープを熱々にしていただけると個人的には嬉しかったりします。

みなさん、やきそばもイイけど『みるくラーメン』もよろしくです!
そんな『みるくラーメン』プロジェクトもやきそばのように大きく羽ばたいて欲しいなぁ~と思うのでした。

中華料理ふくじん
住所:静岡県富士宮市東町14-3
電話番号:0544-27-7162
営業時間:11:00~14:00、16:30~21:00
定休日:月曜日

ブヨ(ブユ)に刺されました!

7月 17th, 2009

運動不足解消のため、夕方に距離を伸ばしていた犬の散歩の途中でブヨに刺されてしまいました~(涙)

痒いと思って足元を見てみると、靴下のゴムの上辺りから血が滴り落ちていました。
キャァーーー!!

まだ経験が浅いものの、直ぐにブヨの仕業だと分かりました。

ブヨ(ブユ)は、人などの哺乳類から吸血する、衛生害虫の一種で、関東ではブヨ、関西ではブユと呼ばれているのだそうです。

皮膚を噛み切って血を吸い、その際に毒素を注入するため、直ぐには何も感じなくても、しばらくすると強烈な痒みに襲われる虫刺され・・・私も予定通りという訳です。

ここからは、見苦しいことを承知でお付き合いくださいませ(笑)

左足がブヨに刺された方です。
どうです?くるぶしがなくなり巨大化していますよね!?
踵の上辺りは真っ赤になっています。

s-KC3N0036

刺される度に免疫がつき、慣れれば蚊に刺されたくらいに落ち着くらしいのですが、私はまだ数回しか刺されたことがないので、くるぶしがなくなるほど腫れて、強烈な痒みと痛みに襲われてしまいました。

皮膚がパンパンに張って、刺された場所から直径20cm四方は熱を持って赤くはれ上がり、これだけで歩き難いったらありゃ~しない!

案の定、傷口には水泡ができ、赤い斑点まで出てしまいました。
今はウルシでかぶれた際に処方されたステロイド外用薬を使うことで、順調に快復に向かっています。

刺されて初めて調べてみると、ブヨの予防としては虫除けスプレーもあまり効果がないのだとか・・・。
調べを進めていくといくつかのサイトに「ハッカ水」が良いと書いてありました。

ハッカは、花粉症の時にも買うか買うまいか悩んだので、ブヨにも効果があるのなら、1つ買ってみても良さそうだなぁ~と密かに購入する予定でいます。

重要なのは刺されたら直ぐに毒素を絞り出すこと。
指でギューってね。
こうすることでその後の症状を軽くできるそうなのです。

それとこれは当たり前のような話なのですが、ブヨの活動時間帯の朝と夕方は、特に用心すること。
短パンやサンダル、露出の多い服装はタブー。
できれば出歩かないのが一番だそうです。

ブヨがいる環境というのは、自然豊かで水が綺麗な証拠らしいのですが、刺されるのはちょっと・・・。

刺しても良いけど、蚊と同じで毒素を注入するのは止めて欲しいです!
虫刺されの痕が年を重ねる毎に消えなくなってるのでね。

レストラン 長屋門

6月 17th, 2009

日頃から親しくさせていただいているKさんご夫婦から食事のご招待をいただきました。

s-IMG_3861

会食の場所として予約を入れてくださったのは、富士宮市大宮町にある「レストラン 長屋門」です。

何だか聞き覚えがあるみたい?

そうなんです。
ここは、元々富士宮市が所有していた「長屋門」を近代建築と融合させ、レストランとして改修させたという、あの「長屋門」です。

s-IMG_3866

以前、富士宮市が推進する「フードバレー構想」により立ち上げられた本格イタリアンレストラン「ヴァルナ」があった場所です。

メディアでも取り上げられ、多くの主体が関わりあって「地方活性化」を目指した本格イタリアンレストランとして華々しくデビューを飾ったお店でしたが、残念なことに諸般の事情から2008年9月のオープンからほどなくして閉店してしまいました。 

s-IMG_3868

今は、同じ場所で新たなシェフを招き、地元のスタッフを採用して、フランス料理「レストラン 長屋門」としてリニューアルオープンしています。

「レストラン 長屋門」として再スタートをきったという情報は既にGETしていたのですが、なかなか行く機会に恵まれず、やっとこの時を迎えることとなりました。

s-IMG_3860

店内は白を基調とした清潔感が溢れる感じです。
目隠しの目的で建物に沿って植えられた緑が大きめの窓から見え、自然と心が和みます。

s-IMG_3874
s-IMG_3882

そして、いざ、お料理!!
この日のメニューをご紹介したいと思います。

s-IMG_3891 
『赤ピーマンのムースとトマトゼリーのお菓子仕立て、色とりどりの野菜とフルーツを添えて』

s-IMG_3897 
『鯛・クリームチーズ・桃のミルフィーユ、バルサミコソース』

s-IMG_3903 
『鴨のフォアグラソテー シェリーヴィネガー風味、トウモロコシのガレットと野菜のソテー』

s-IMG_3906
『低温調理した平目のソテーにラタトゥイユを添え、オレンジソース』

s-IMG_3918
『シャンパンのシャーベット』

s-IMG_3928
『朝霧牛のフィレ肉のステーキ、赤ワインソース』

s-IMG_3937
『本日のデザート盛り合わせ』

これに、パンとバター、コーヒー又は紅茶がつきます。
そして、私はビール、シャンパン、白ワインをご馳走になりました。

s-IMG_3942

私がフランス料理と聞いてまず思い浮かぶのは、高価、窮屈で、高級とかなり偏った方向で文字が並びます。
(庶民丸出しでお恥ずかしいですが・・・汗) 

そんな私が思うフランス料理を表す全体的なイメージは、「緊張する」という言葉が最適で、食事をする場所として選ぶ際にはついつい敬遠してしまうのですが、ここ「レストラン 長屋門」は、肩肘をはらず(気取らず)にゆっくりと食事ができるお店といった印象を受けました。

s-IMG_3945

新しく生まれ変わった「レストラン 長屋門」ですが、リニューアルオープン後に訪れた方が書いているブログや食べ物のサイトでは、その評価が大きく二分していて(どのお店もそうですが)・・・。

私もネットサーフィンして、みなさんの書かれた色々な記事を読ませていただいた1人なので、今度はみなさんの参考にしていただけると嬉しく思います。

私はというと、お美味しい料理を囲みながら、楽しいひとときを過ごすことができました☆

どの皿も彩り豊かで、素材の味を損なわない調理と味付け、一皿一皿は「もうちょっと食べたい!」と思わせるボリュームも最後にはお腹一杯になり大満足でした。

実は、ネット上で気になる書き込みがあったので、少々不安に思っていたのですが、私の場合、余計な心配に終わりました(笑)

私自身、名立たる一流レストランで食事をしたこともないですし、食通でもありません(笑)

だから、自分が「コレ美味しい♪」と思えば、それが一番なのではないかな!?って思うのですよ。

「食べる」ことは、とっても大切なこと — ご自分の目で見て、舌で確かめて、 その場の雰囲気を肌で感じて欲しいなぁ~と♪

s-IMG_3951

そして、できることなら、「私はこうだった」とか「ああだったよ」とかコメント欄に書いてもらえたら嬉しいなぁ~!!
(・・・って、これってかなり調子に乗り過ぎていますね。すみません。)

s-IMG_3961

お店は、富士山本宮浅間大社の東側、住宅街の一画にあります。
「レストラン 長屋門」は、昼間は明るい日差しが降りそそぎ、夜は店内の照明が優しい光で包んでくれます。

気の合う仲間とのランチに、大切な人との記念日に是非行かれてみてはいかがでしょう。
たまには自分へのご褒美になんていうのもアリです(笑)

そうそう、浅間大社の横、こんな立地を利用して、少人数のアットホームなレストランウェディングなんていうのも素敵かも~♪と思いました。

メニューは、月変わりのようなので、また機会を見つけて出掛けてみようと思っています。

レストラン 長屋門
住所:静岡県富士宮市大宮町6-22
電話番号:0544-25-1323
営業時間:下記の通り
11:30~14:00(ランチ)
14:00~16:00(ティータイム)
18:00~21:00(ディナー)
定休日:毎週火曜日、第2月曜日

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta