自家製いくらの醤油漬け!

9月 27th, 2011

肌寒いな・・・と思っていたら、富士山の初冠雪の知らせが届きましたね。

昨日も雨が降ったり止んだりの寒い1日でした。
富士山頂では雪になっていたみたいです。

IMG_9056

今では肉眼でもしっかり冠を見ることができるようになりました。
写真は、今日のお昼前の富士山です。

旬の食材秋鮭の生筋子使い、いくらの醤油漬けを作りました。

今しか味わえない秋の味覚。
私はいくら丼にしていただきました!

IMG_8987

初挑戦にしては、とても美味しく作れたと思います。
みんなも美味しいと言ってくれたので、作った甲斐がありました。

いくら美味しくても連続して作ってしまうと飽きられてしまいそうなので、来年の秋まで一年間おあずけです。

◆◆いくらの醤油漬け◆◆

用意するもの:生筋子、冷水、塩、醤油、日本酒

1.冷水に2つまみの塩を入れ、生筋子を入れ、薄皮を丁寧にはがす。
(冷水は、ペットボトルに水道水を入れ、冷蔵庫で冷やしておきました。)

2.薄皮と膜がなくなるまで1の作業を2~3回程時間をかけずに繰り返す。
(作業を続けるうちにいくらの粒が白っぽくなってくるが、4の作業で透明度が戻ってくるので心配しないでOKです。)

3.皮や汚れを流水で洗い流す。
(皮や膜などが残っていると生臭くなってしまうため、きれいに取り除く。)

4.ザルにあけ、水気をきる。

5.蓋のある容器にいくらを移す。

6.醤油と日本酒で漬け汁を作り、いくらが浸る程度の量を容器に注ぐ。
(醤油は、出汁醤油でも可。日本酒は、飲んで美味しいお酒を使う。割合は、基本6:4程度ですが、お好みで比率を変えてください。みりんを少し入れるとまろやかになります。)

7.5時間程度でできあがりますが、一晩おくと美味しさUPします。

私にも作れた簡単レシピです。
是非作ってみてください!

小富士ハイク

10月 20th, 2009

ご無沙汰している間に秋も深まってまいりました。
私にとってはどうも今年の秋は食欲の秋のようらしく、体重が1,5kgほど増えております・・・手遅れになる前になんとかしなければ(汗)

すっかり古い出来事になってしまいましたが、シルバーウィーク後半の晴れの日に富士山五合目に行ってきました。

富士山五合目については、以前に一度レポをしたことがあるのですが、その時は曇り空だったので、リベンジです。

今回は青い空と富士山の写真を撮ることができました~♪

富士宮口はスルーすることにしたのですが、いつもの強行スケジュール!?で登山道全制覇みたいな感じになってしまいましたが、今回は小富士ハイキングを中心にご紹介します。

小富士とは、標高1,979mの山。
山頂からは富士山を間近に見上げることができ、360度の大パノラマを楽しむことができます。

小富士までは遊歩道が整備されており、片道約20分のハイキングコースになっていました。

遊歩道は、須走口新五合目の山小屋を過ぎ、登山道が始まる階段の手前右側にあります。
小さな標識が目印です。

s-s-IMG_5805

緑の林を進む遊歩道。
足裏に感じる土の感触、木洩れ日、鳥たちのさえずり、辺りに広がる匂いまでも楽しみながらゆっくりと先に進みました。

s-s-IMG_5809

起伏の少ないハイキングコースなのですが・・・。
運動不足が起因しているようで・・・。

途中空を見上げると逆さまに生えているような木がありました。
枝が根のように見えました。

s-s-IMG_5810

さらに進んでいくと、視界が開けて石積みが見えてきました。
小富士の山頂です。

s-s-IMG_5812

山頂からの眺めはこんな感じです。

s-s-IMG_5823

この日は山中湖も見えました!

s-s-IMG_5825

プレートの前で記念撮影をしました。

s-s-IMG_5826

帰り道は早い、早い。
気軽に楽しめるハイキングコースということは知っていたのですが、何だか物足りない感じが否めません。

そこで急遽山梨側の登山道にも行ってみることにしました。
到着すると外国人観光客さんたちのパワーに圧倒され、ソソクサト退散することになりました。
河口湖新五合目の神社でお参りだけを済ませ、下山することにしました。

車を走らせていくと、「奥庭」という場所に散策路がある看板を発見し、歩いてみることにしました。

ここは石畳の歩道が輪のように敷き詰められていました。
30分ほどで1周できるコースです。
カラマツの林は幻想的な雰囲気で、夕陽を浴びた富士山が最高に美しかったです。

s-s-IMG_5952

雲海に沈む太陽も綺麗でした♪

s-s-IMG_5980

駐車場までは心臓破りの上り坂。
久しぶりに心臓が飛び出ちゃうかと思うくらいバクバクしました。

心地よい疲労感とともに帰宅。
充実した休日を過ごすことができたことに感謝です。

小御岳神社にはこんなに可愛いお守りがありました。
天狗さん、連れて帰れば良かったと後悔しています。

s-IMG_5923

富士山周辺もまもなく紅葉シーズンに突入します。
今年はどんな景色を見せてくれるのか楽しみです。

みなさんは紅葉狩りの予定は立てましたか?

夏休みに突入します!

8月 3rd, 2009

PAP_0001

写真は携帯カメラで撮影した今日の富士山です。

山頂付近の雲が取れて、富士山が顔を出してくれました。
またまた久しぶりに青空が広がっています。
やっぱり富士山には青空が似合いますね~♪

本日8月3日、やっと東海地方が梅雨明けしました!

梅雨明けを特定できなかった平成5年を除くと、観測史上最も遅い発表だったとのことです。
このところ降り続いた雨のせいで、8月に入ったことを忘れてしまいそうでした。

やっと梅雨明けしたと思ったら、今年は冷夏の可能性が高いと言われているようで・・・夏という季節を楽しめるのか微妙になってきましたが、ここは予報が外れることを大いに期待したいと思います(笑)

近所の川からは子供たちのキャッキャと楽しそうな声が聞こえてきます。
やっぱり夏はこうでなくっちゃ!

さて、梅雨明けもしたし(あまり関係ないけど)、私も待ちに待っていた夏を満喫しようと思います。
夏休みの期間中はしばらくブログをお休みさせていただきます。

再開の折には、夏てんこ盛り!?のお話や写真を掲載できればと思っていますので、よろしくお願いいたします。

それでは、みなさんも素敵な夏をお過ごしくださいませ☆

トルネードハンター

7月 16th, 2009

s-IMG_3978 

富士山おはようごございます。
写真は今朝の富士山です。
山頂付近の雪もなくなって来ましたね。

s-IMG_3979
久しぶりに真っ青な空が広がりました。
快晴です。
しばらくするとまた雲が出てきました・・・快晴長続きせず。

s-KC3N0031

対して上は、数日前に山梨に買物に行った際に撮った写真です。
途中、なるさわ道の駅で車を停め、富士山が見える建物の裏側に回り撮影しました。

富士山の左側には渦巻き状の雲が垂れ下がり、みるみるうちに巨大化していきました。

どこかでこんな感じの映像を見たことがある!
そう、それは映画「ツイスター」での危機迫る迫力あるあのシーン!!

s-KC3N0032 

車を走らせながら横目で雲の動きを観察していると気分はもうトルネードハンターです(笑)

もしかした今まで見たことのない自然現象を目の当たりにすることになるかも知れないと、不安と期待が入り混じる中ハンドルを握りました。

しかし、怪しい渦巻き状の雲は、目的地の市街地に入る頃には、どんどん小さくなり、他の雲と見分けがつかないくらいになっていました。

そして買物を終えて、外に出てみると空は一転、真っ赤な夕焼け色に染まっていました。
あの雲からは想像もできない夕焼け劇場は、とても綺麗でした。

県境を越え、山梨から静岡に入るとまた暗黒ちっくな空が広がっていました。
自然現象とはいえ、目まぐるしく変わる天候にやや振り回された感じの買出しとなりました。

『富士芝桜まつり』に行ってきました!

5月 16th, 2009

s-IMG_2954
「富士芝桜まつり」に行ってきました!

一昨日の午後、遅いお昼ご飯をすませ、ふと窓の外に目を向けると富士山周辺の雲が一気に消えて、みるみるうちに青空が広がりました。

GWの渋滞からちょっぴり気になっていた富士芝桜まつり。
このおまつりの会期は5月31日(日)—タイムリミット間近ということもあり、急遽車を走らせることにしました。

「閉園まであと1時間だよ!急げ~!!」って、今から思えばかなり無謀な行動だったかも。

平日の午後(夕方?)ということもあって、周辺道路の混雑もゼロ、駐車場で待たされることもなく、会場までスムーズに入ることができました。

このところのお天気で花の状況がとても心配だったのですが、ダメージはそれほどなかったようです。

富士芝桜まつりの会場は、本栖湖に伝わる竜神伝説に出てくる巨大な竜をモチーフに造られているそうです。

中央の池には「竜神池」という名前がついているのは納得です。
会場の竜・・・巨大な竜を形どっているということなのですが、私にはどこがどうなっているのか全く分かりませんでした(汗)

s-IMG_3079

この場所は「富士芝桜まつり」のパンフレットやポスターになっている撮影スポットです。
私も同じ立位置でチャレンジしてみました!
どうです?なかなか良く撮れてるでしょ!?(笑)

s-IMG_3121
同じような場所からの1枚ですが、カメラの位置を下げるとまた違った印象になりました♪
竜神池は見えなくなってしまったけれど、私はこちらの写真の方がお気に入りです!

s-IMG_3014
会場の奥には展望広場がありました。
上の写真は、その展望広場にちょっとした展望台が組まれていたので、そこに登って撮った1枚です。

首都圏最大級約70万株のシバザクラの全景は、こんな感じです。
手前のピンクの絨毯が薄過ぎですが・・・とても綺麗でしたよ。

展望台の横には美味しそうな屋台がずらりと並んでいました。
辺りには富士宮やきそばの美味しそうな匂いが・・・遅いお昼ご飯が悔やまれます。

s-IMG_3029
s-IMG_3082
s-IMG_3091
目の前にシバザクラが敷き詰められていても、やっぱり富士山が主役になってしまうのですが、山側のシバザクラもこんなに綺麗に咲いていましたよ~♪

白いシバザクラは、雪が積もったようでとっても素敵でした。
ピンクのシバザクラも・・・。

会場内ではバッジをつけたバスツアーの方々が多くいらっしゃいました。
日本人観光客に負けないくらいパワフルな外国人観光客の方々もたくさんいらっしゃったのですが———会場内の案内は、日本語表記オンリーだったので、英語は必須でその他の国の言語での案内表示が必要不可欠なのではと思いました。
ようこそ日本!の精神を富士芝桜まつりでも是非お願いいたします。

s-IMG_3160

そして帰り道に朝霧高原から富士山をパチリ。
「ピンクの衣装も素敵♪
でも、やっぱり富士山にはこの緑が一番お似合いですよ~♪」
こっそり心の中で叫んだ私なのでした。

みなさんは、どちらの富士山がお好きですか?

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta