またまた帰省中

9月 8th, 2009

s-R0011217

数日前にブログを再開したばかりなのですが、実はまたまた帰省しています。

今回の帰省は、弟夫婦に子供が生まれたため、急いで病院まで顔を見に・・・
義弟夫婦、そして今回ですっかり伯母ちゃんになってしまいました。

義妹は予定よりも10日ほど早い出産になりましたが、母子ともに健康で昨日無事に退院できたことに感謝です♪

赤ちゃんとは、インフルエンザ対策とかで病院中のガラス越しの対面となってしまったので、次に会うときには抱っこさせてもらおうと思っています。

s-R0011205

そして、横浜みなとみらいに新しくできた話題のお店に行ってみたのですが、私の欲しいものはありませんでした。

やっぱり伯母さんだ~(笑)

YOKOSUKA ACQUAMARE(アクアマーレ)

7月 10th, 2009

s-R0011100

横須賀美術館で美術鑑賞を終えた私たちは、併設のレストランでランチをすることにしました。

前にも書きましたが、自分たちが予想していた以上にゆっくり美術鑑賞していたため、ランチタイムぎりぎりの入店になってしまいました。

きっとスポンサーにはバレていたと思うのですが、美術館と同じくらい興味を持っていたレストラン。
ランチライムぎりは、正直、ちと焦りました(笑)

そのお店は、ACQUAMARE(アクアマーレ)。
広尾に本店を構える「リストランテ アクアパッツァ」日高良実シェフプロデュースのお店で、2007年4月に横須賀美術館の開館と共にオープンしたお店です。

三島にあるクレマチスの丘にも同じ系列のお店が入っていて、前々から気になっていたのですが、ここもなかなか行く機会に恵まれず、横須賀のお店ACQUAMARE(アクアマーレ)に先に来ることになってしまいました。

s-R0011088

店内は、ホワイトとブルーを基調とした爽やかな印象でした。
アクアマーレの各テーブルからは、上の写真のような景色を見ながら食事をすることができます。

全面ガラス張り店内での食事は、まるでお庭で食事をしているような優雅で開放的な気分になれちゃいます。

もちろんテラス席もちゃんと用意されているのですが、席が用意されている場所は、美術館出入口の通路として利用されているため、食事をするには落ち着かないかも知れません。

s-R0011091

テーブルクロスもブルー。
ナプキンは紙でしたが、ダークなブルーで、船の形に折られてセットされていました。
さり気ない演出が可愛かったです。

そして、テーブルの隅には、申し訳なさそうに小さな花瓶があり、そこにこれまた小さな小さなお花が・・・写真で見るとどうも造花のようですが、チェックするのを忘れてしまいました。

s-R0011092

ランチは、数種類用意されていました。
私たちは、日替わり季節のパスタ をメインにした軽めのコースを選びいただくことにしました。

パスタは、トマト、クリーム、オイルベースから選ぶことができます。
私は、オイルベースのパスタをチョイス。

s-R0011093 
まずは前菜5種盛り合せ

s-R0011096 
ほうれん草とカワハギのオイルベースのパスタ

s-R0011097
ドルチェ(アップですがあまりにも小さ過ぎます!)

これにパンと飲み物がついて2,800円でした。
味付けも美味しく、パンもおかわりして満腹になりましたが、全体的なバランスから言うとちょっぴりお値段が高いような気がしました。

でも、普段と違う非日常を味わいに来ているのだから、これ以上値段を下げてしまうとチープな印象になって、その魅力が半減してしまうのかも知れないですね。

でもですね、女子的にはドルチェにもうひと工夫欲しいなぁ~と思ってしまうのですよ。
その辺りの改善をどうぞよろしくお願いいたします♪
(って、誰にお願いしているの私?)

お腹も心も満たされた所で、そろそろ帰路に。
帰りは、全面開通されたと聞いていた横浜横須賀道路馬堀海岸I.C.を利用することにしました。

下道16号を走るのも気持ち良いのですが、横横を使えば都心からのアクセスも便利で時間短縮もできますよね!

あぁ~、でも晴れの土日、特に海水浴シーズンに入ると横横も渋滞するんだっけ?
何か対策が必要になるかも知れないですね。

s-R0011101
s-R0011103 

横須賀美術館の前の道路を渡ると、道路下には小さな海水浴場があります。
この浜の波は穏やかで、砂浜も岩場もあります。
これからの季節は、子供たちの元気な声が響きわたり、賑やかになりそうです。

海水浴はちょっと・・・と言う方には、海岸沿いでボードウォークを楽しむこともできます。

ACQUAMARE(アクアマーレ)
住所:神奈川県横須賀市鴨居4-1 横須賀美術館内
電話番号:046-845-1260
営業時間:10:00~21:30
定休日:第1月曜日

海沿いの横須賀美術館

7月 9th, 2009

s-R0011099

横須賀市鴨居にある『横須賀美術館』に行って来ました。

海沿いに建設された美術館なので、青い空、眩しい太陽の下で写真を撮りたかったのですが、梅雨時季だから”どよ~ん”とこんな感じになっています。

住所は横須賀市鴨居ですが、観音崎と言った方がみなさんには馴染みがあるのかな?
観音崎灯台、ゴジラの日本上陸地点、防衛大学、京急ホテルなど観音崎をイメージさせる言葉は他にもいくつがありますが、どうなのでしょう?
最近では、そこに横須賀美術館が追加されているようです。

観音崎は、三浦半島の東海岸の中心に位置する岬で、この一帯は海と緑が溢れる広大な県立公園となっています。
公園施設内には、日本で最初に点灯した洋式灯台をはじめ、さまざまな園地や博物館、歴史的な遺跡が残る魅力的な場所です。

三浦・横須賀・葉山・逗子に住んでいれば、一度は行ったことがあるのではないかと思えるスポットです。
私は子供の頃に家族と磯遊びや公園に行き、その後ボーイフレンドとドライブにも来たことのある思い出の場所だったりします。

でも私としては、家から近い神奈川県立近代美術館葉山館から先に鑑賞したいと思っていたのですが、両親は既に弟夫婦と出掛けていて・・・「しばらくは行かなくても良いかも」と言われればねぇ~。

葉山のは、海岸を散歩でもしながら今度またゆっくりと見に行けば良いかということで、横須賀美術館に行き先を決定!
車を走らせることにしました。

実は、前の日にさいか屋さんで気に入って買ったTシャツに小さな穴が開いていて、商品の交換する用事もできてしまっていたので、私としては横須賀方面の美術館の方が好都合でした(笑)
さいか屋さんのある横須賀中央から鴨居にある横須賀美術館までは、すぐそこですから。

商品の交換とまたまた買物を済ませ、目的地に向かいます。
手前の馬堀海岸沿いは、南国ムードたっぷりの直線が続きます。

s-R0011080 

そして、美術館に到着!
下の写真は美術館の正面玄関を入って後ろを振り返った時に見える景色ですが、こんな風に海へと続いています — こんなチャペルありますよね。

s-R0011086

横須賀美術館は、透明なガラスと白を基調とした地下2階地上2階建のシンプルな造りになっていました。
館内に取り付けられた窓からは自然光が入り柔らかな光に包まれて、とても居心地が良かったです。

s-R0011083
s-R0011084

私が行った日には、企画展示がお休みだったため、常設の横須賀に縁のある方の作品を集めた所蔵展と谷内六郎さんの作品を見て来ました。

美的センスがあるのか、ないのか分からない私たちですが、予想していた以上に長時間滞在してしまいました。
こんな休日もたまには良いものですね。

美術館の前には、緑の芝生とその先に東京湾が広がります。
やっぱり海はイイです♪

s-R0011087

s-R0011088 

そうそう、美術館の館内ではこんなに可愛らしい案内表示がところどころにありました。

可愛い彼らには、横須賀美術館のHPでも会うことができます!
是非チェックしてみてください!!

s-R0011085 

横須賀美術館には、イタリアンレストラン「アクアマーレ」が併設されていて、行き交う船を眺めながら食事ができます。
私たちは、ここで遅めのランチをいただくことにしました。
ランチのお話は次回にご紹介したいと思います。

横須賀美術館
住所:神奈川県横須賀市鴨居4-1
電話番号:046-845-1211

窓外にヤモリの姿発見!

7月 8th, 2009

s-KC3N0011 

携帯カメラで撮影した1枚です。

少し見えづらいかも知れませんが、私、この姿を見ると夏って感じがするのですが、みなさんはいかがですか?

子供の頃から見慣れた夏夜の風景なのですが、虫や爬虫類系の小動物嫌いの方が見たらギョッとしてしまうのでしょうね。

家の灯りに集まる小さな虫たちを狙って、日が暮れる頃になるとどこからかやって来るヤモリ。
窓外にピトッと張り付く姿は、とっても可愛いのです!

ヤモリを漢字では、守宮(または家守)と書きます。
実家では、家を守る縁起の良い生き物として大切にして来ました。

我が家の夕食の時間帯と彼らの活動時間帯もほぼ同時刻なので、不思議と親近感が湧くんですよね~(笑)

この日、居間に顔を出したのは、尻尾が無くなったヤモリでした。
敵から逃げるために自切りしたのかな?
元の姿に戻るまで、あとどれくらいかかるのか心配です。

隣の窓に張り付いたヤモリは、尻尾が長く綺麗だったのですが、携帯カメラでは上手に撮れませんでした。

小さなデジカメ買おうかな?
実家に帰るたびにそう思うのですが、なんとなくもったいなくてまだ決断できずにいます。

雨の庭に咲く花

7月 7th, 2009

今日は七夕ですね。
みなさんは、どんな願い事をされたのでしょうか?

七夕の今日もやっぱり雨。
今年も天の川、いや星空すら見上げることはできなさそうです。

私が実家に帰省した6月の最終週も雨の降る日が多かったです。
庭の花も本来の色を出せずにいました。

本当ならば白と緑のコントラストが美しいはずなのに・・・まるでモノクロ写真のようです。

s-R0011060 
台湾山ぼうし

s-R0011062 
半夏生(半化粧)

s-R0011063 
でも、梅雨の合間の晴れた午後には、合歓の木のフサフサが可愛らしく撮れました~♪

この時季は、合歓の木の下にはフサフサの花の咲き終わったものが落ちて、庭の掃き掃除の回数が増えるんですよね~。

まぁ、可愛らしい花が見られるのだから、仕方ないですね(笑)

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta