歴女、岡崎城と岡崎公園に行く!

7月 25th, 2009

s-KC3N0024 

なんちゃって歴女の旅シリーズ!?
岡崎城に行ってきました~♪
もう1カ月位前、携帯での写真のみになりますが・・・(汗)

義父の単身赴任先まで送迎の際、往路の高速道路上にあった「岡崎城」という看板。
看板の方向にお城は見えないのですぅ。

魔のGW渋滞にあってから、渋滞情報には特に敏感になっていた私たちが高速道路上の渋滞を回避するために取った策は、少し手前のインターで降りるということ・・・あまりにも普通過ぎる作戦なのですが、これがかなりの成果を発揮しました。

さらに私にとっては好都合なことに、この渋滞回避作戦であの岡崎城を発見することになったのです。

高速道路上からは見えないけれど、下道を名古屋方面に走ると左手に見えて来たんです!
そう、あれは暗闇に浮かび上がる天守閣!

その日は夜も遅かったので、次の機会にと横目で見ながら素通りしたのですが、ついに寄り道する日がやって来ました。

いつもより3時間前に家を出て、東名高速道路を西に向かって走らせ、岡崎I.C.で降ります。
名古屋方面に向かって3kmほど走ると岡崎城に到着です。

岡崎城の周りは公園になっていて、公園の近くには綺麗に整備された駐車場(有料)がありました。
車を停めて公園内に潜入します(笑)

s-KC3N0022 

鬱蒼とした緑の生い茂る下にはお堀。
これは昔のままなのでしょうか?

ここ岡崎城は、天文11年(1542年)12月26日に徳川家康が誕生した城で、天下統一という偉業への基礎を固めた拠点と言われています。

家康が居城を移した後、かつては大規模な城郭の整備拡張も行われた岡崎城でしたが、明治維新を迎え、廃城令によって廃城処分となり、天守以下の建物が撤去されたそうです。

s-KC3N0025

その後、市民の強い思いにより公園施設として整備され、昭和34年(1959年)に天守閣が再建されたとのこと。
今年は岡崎城再建50周年です!

公園内には、この岡崎城のほかに花時計や噴水広場、三河武士のやかた家康館、能楽堂、茶室、お食事処、神社、奥には藤棚、家康の産湯にも使われたという水を湛える?井戸などがありました。

到着時間が17時を過ぎてしまっていたため、岡崎城や展示施設には入館することができませんでしたが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

KC3N0023

上の写真は、龍城神社の前には『茅の輪くぐり』が設置されていました。
私たちもそのお作法通りに参拝させていただきました☆

日が伸びたせいか、17時を過ぎていても園内は明るく、涼をとっている多くの方の姿を見かけました。
今は市民の憩いの場所として愛されているのですね。

KC3N0026

岡崎公園の横には、乙川(菅生川)という川が流れていました。
河川敷には気持ちよさそうな広場があり、こちらもジョギングを楽しむ人やワンちゃんの散歩をする人、小さなお子さんを連れている方、みなさん思い思いの時間を過ごされていらっしゃいました。

岡崎公園は、「日本のさくら名所100選」に認定されているそうです。
川沿いにも大きな桜の木が植えられていました。
緑の濃い季節も良いのですが、桜の花が咲く頃はもっと美しいのでしょうね~♪

その頃にまた来てみたいです。

岡崎城岡崎公園
住所:愛知県岡崎市康生町561番地
電話番号:0564-22-2122

原の松蔭寺へ

7月 14th, 2009

『駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠』と歌われた江戸中期の名僧 白隠禅師ゆかりの寺『松蔭寺』に参詣して来ました。

電車で用事のあった夫を富士駅まで送り、近くの駐車場に車を停めると、ふと数年前に聞いていた禅寺のことが頭に浮かびました。

この禅寺は、沼津は東海道線の線路沿いだったかと・・・。
それ以外は、寺院の正式な名前も、下車駅も分からなかったのですが、ただ『白隠さん』という名前だけが鮮明に記憶に残っていたので、きっと大丈夫!
私は富士駅から最短距離の切符を買って改札をくぐりました。

電車に揺られて次の駅につくと、なんと駅には便利なことに名所旧跡を案内する看板が建てられていました。
この看板を頼りに行けば大丈夫!と安堵し、また電車に揺られることにしました。

駅に近づくたびにキョロキョロしていた私は、周りの人から見るとかなり挙動不審だったと思います(苦笑)

原駅で停車すると看板に「禅寺」と『松蔭寺』と書かれ、『白隠』の文字が確認できました。
急いで電車を降ります。

精算を済ませ、改札を出ると町の案内図があり、目的の『松蔭寺』を探します。
すると駅から東に1kmのところにあることが分かりました。

想像していたよりも近い距離にニンマリ。
でも、この日は、晴れて暑く、駅から片道1kmの距離で汗だくになってしまいました。

『松蔭寺』の前を通る街道沿いには、白隠さんが生まれたという生誕地の石碑とその奥には産湯に使われたという井戸が今も残されていました。

s-KC3N0003
s-KC3N0002

生誕の地と白隠さんが出家した『松蔭寺』とは目と鼻の先の距離でした。
そんな距離も白隠さんの生涯を変えることになった理由の1つだったのでしょうね。

s-KC3N0004

寺の門前には、新しく立派な石塔とそれに似つかわしくない拡声器が建っていました。
ちょっぴり残念な気がしました。

s-KC3N0005

境内では庫裏の建て替え工事中のようで、山門はご覧の通り工事を示す看板が立てられていました。
白隠禅師創建と伝えられている石瓦葺の山門も悲しそうに見えました。
でも、境内に立派な庫裏が建つのですから、喜んでいらっしゃるのかな?

s-KC3N0006 

本堂は解放してあったのですが、ご遺体が安置されていたようでしたので、お参りだけを済ませぐるりと境内を回り、裏手に行くことにしました。

KC3N0007

白隠さんの時代よりもずっと新しい建造物となるのでしょうか?どっしりとしていて、落ち着いた趣のある本堂でした。

s-KC3N0010

立派な鐘楼もありました。
この鐘を鳴らすのは、いつなのでしょう。

寺院の裏手が墓地になります。
500年に1人と言われるほどの高僧となり、臨済宗中興の祖と仰がれた白隠禅師のお墓からは、富士山が見えました。
(木と木の間にうっすらと見えるのですが、見えますか?)

s-KC3N0008

私はお墓のお参りを済ませ、松の木陰でしばし涼を取りました。
そして、また元来た原の駅に向かいます。 

駅の方向に歩いて行くと『白隠正宗』の看板が目に留まりました。
文化元年創業の蔵元、高嶋酒造さんが造られている日本酒のことだと分かり、早速お店に。

お店の方とお話をしながら、オススメの1本を購入しました。
悩んでいた父の日プレゼントは、ここから日本酒を送り無事解決したのでした。

『白隠正宗』は、キリリとした辛口。
美味しくいただきました。
(父の日に帰省した私。ちゃっかり日本酒の味の調査して参りました。 プレゼントになっていない!?お相手をしたので良いのです。)

松蔭寺の前庭には、有名な話が残されている摺鉢松があったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。
やっぱりちゃんと下調べをしてから旅をしないとダメですね。

私はこの小旅行から帰ってきて、復習をして色々なことを知ったのですが、こういう場合は予習の方が良いみたいです。

GW高速道路で・・・。

5月 7th, 2009

IMG_2866
青葉の頃も美しい椛

近くも、そして遠くの山々も緑鮮やかな季節に突入しました。
GW後半からぐずついたお天気が続いている朝霧高原。
そろそろギラギラの太陽が恋しくてなりません。

「GW後半は、部屋の隅にある棚の整理をしよう!」と決めていたのですが、この天気で延び延びになっています。
あの棚は一体いつになったら片付くのでしょうか(汗)

義父が勤めている会社が祝日5日から業務開始ということで、4日の夕方から義父の単身赴任先の名古屋まで出かけてきました。

大型連休の真っ只中、渋滞はある程度覚悟して出たものの、家を出て直ぐの国道に出た途端に渋滞にはまってしまいました。
テンション急降下&思い切り先行き不安になりました。

そしてその不安は見事に的中!しちゃいました。
(こういうのって当たっても嬉しくないんだけど・・・。)

ご近所にある牧場まで渋滞、有料道路に入るまで渋滞、東名高速に入るまでに渋滞、そして高速道路上でも渋滞!

休憩を入れながら先へと進みます。
そして、これはいつものことなのですが、SAやPAでは美味しそうな香りと一緒に色々な食べ物の看板が目に飛び込んで来るから不思議ですよねぇ~。

途中で立ち寄った浜名湖SAでは、こんな変り種ソフトクリームがありました。
先を急ぐ身なのに・・・食い気がっ!

KC3N0003
遂に浜名湖SAに登場!アイスコルネット!
KC3N0005
アイスコルネット—撮る向きを間違えてるじゃん!!

注文を受けてから揚げてくれるアツアツの揚げパンの中に濃厚なバニラのソフトクリームが入ったアイスコルネット。
美味しかった~♪
次回もまたアイスコルネットを食べよう!
私が買った時はバニラ味だけしかなかったけれど、他の味も用意してもらえたら旅の楽しみも増えるのだけれど。

その後もカーナビで受信される渋滞情報をチェックしつつ走っていたのですが、快調に飛ばしていたと思ったら、急にブレーキランプとハザードの嵐—。

ハンドルを握っていた義父は、相当疲れたのではないかと思います。
それに、夫や私に色々と気を遣ってくださっていたし・・・何だか申し訳なかったな~(苦笑)

普段なら片道3時間ほどですが、この日はいつもの倍以上の7時間弱を要してしまいました。
これでは、座れなくても新幹線に乗った方が楽なのでは!?

行きはヨイヨイ、帰りはJCTの渋滞を回避する策を講じ、スムーズに戻ってくることが出来ました。

この日、ETC利用者を対象とした高速道路料金値下げ効果の洗礼を浴びた私たちでしたが、渋滞は渋滞でもピタリと停まってしまうようなガチガチの渋滞には一度も合わなかったことが、せめてもの救いだったのかも知れません。
ノロノロ運転でも車が動いているだけで精神的に楽ですものね。

今日のYAHOOニュースにこのGW中の渋滞についての記事が載っていました。

GWの高速道路渋滞は倍増ですって!
そりゃそうだ!高速道路どこまで走っても1,000円にならない時でさえ渋滞していたのだから・・・。

私にとってこのGWの渋滞は、流行を体験して、社会勉強をさせてもらったような1日でした。
みなさんはどんなGWを過ごされましたか。

中部国際空港 セントレア

5月 3rd, 2009

忘れないうちに書かないと・・・。
名古屋日帰り旅行記のつづきは、中部国際空港セントレアからです。
IMG_2240
セントレアまでは海の上を走るハイウェイ♪

中部国際空港セントレアは、常滑焼のある街から車で直ぐの場所にありました。
空港までの道のりは、海を感じながら走ることのできる絶好のドライブスポットでワクワクしました。

IMG_2246
中部国際空港セントレアまでもう少し!

中部国際空港セントレアは、名古屋中心部からも電車で28分、車で30~40分ととても便利な場所にあり、そのせいか空港を利用する旅行客以外にも多くの方で賑わっている印象を受けました。

成田と比べてしまうとかなりコンパクトに纏まっている感じは否めないのですが、目的地を絞って上手に活用すればかえって利用しやすいような気がしました。
世界のTOYOTA、その玄関口の空港。
そう考えると凄いですよね。

関空はどうでしたっけ?
一度だけ利用したことがあるのですが経由地として降り立っただけなので、その規模がどのくらいだったのか分かりません。

空港内にはたくさんのお店が出店していて、土産物やフードコート、レストランが充実していました。
レストランやショップがあるフロアは、どこかの街並みを再現したような区画になっていて、そんな店内を見て回るだけでも楽しく過ごせます。
そうそう、ユニクロやミニプラなんかもありましたよ!

そして、驚いたのは空港内に温泉施設があること!
”飛行機を見ながらお風呂に入る・・・そんな非日常を”というコンセプトのようですが、小さなお子さん、特に男の子にはたまらない温泉施設ですね。

空港をぐるり一周して日帰り入浴を楽しんでいらっしゃったのですね。
なんとなく家族連れが多い謎が解明された瞬間でした(笑)
私も入ってみたかったなぁ。

私たちは、そんな家族連れの皆さんが寛いでいる間を通り抜け、展望デッキまで歩いて行きました。

IMG_2247
南ウィングは国際線専用

滑走路に突き出たスカイデッキからは、各航空会社の飛行機の離着陸や出発前(到着後)の整備をしているところを間近で見ることができます。

室内とは一転し、ここスカイデッキにはカップルの姿が多かったかな?
潮風に吹かれながらのデートも良いものでしょうね♪

IMG_2252
潮風が心地よいセントレアのスカイデッキ

ここセントレアのスカイデッキからは、晴れていれば伊勢湾越しとなる対岸に三重県を臨むことができるようです。
この日は晴れているものの風が強く、霞んでいて、肉眼では確認できませんでした。
残念・・・。

IMG_2261
北ウィングは国内線専用

中部国際空港セントレアは、空港全体図を見てみると左右に翼を広げた航空機のような形をしています。
空港内は大きなガラスが配置され、自然光を取り入れたとても明るい空港でした。

こちらでは、事前予約(有料)で普段は関係者以外の立入を制限しているエリアを見学するツアーがあったり、空港施設内で様々な展示や催物、コンサートなどが開催され、利用者を楽しませてくれる空間となっているそうです。

陽も落ちて来て、そろそろ静岡に向かって出発しなくてはいけない時間になりました。
来た道を戻り、お土産コーナーに進みます。

まずは、赤福。
普段好んでいただかない餡子も赤福は別です。
次に義母が好きだと言っていた青柳のういろうをゲット。
愛知とくれば、坂角総本舗の海老せんべいは必須でしょう。
富士宮では入手できませんから(笑)

IMG_2272

そして、鬼まんじゅう!
お土産コーナー1周目にして気になってしまった鬼まんじゅうだったのですが、「日持ちしない上にお菓子ばかり買っても・・・」と却下しようと思っていたのですが、夫の「せっかくだから買えば」というお言葉をいただき、ゲットしちゃいました!

IMG_2263
セントレア駐車場から常滑方面を臨む

中部国際空港セントレアは、伊勢湾にぽっかり浮かんだ小島のようになっています。
駐車場から常滑市方面を見るとこんな感じで、海ほたるみたいでした。

車に乗り込み高速道路を東へと走らせます。
富士宮に到着したのは、21時を過ぎた頃でした。
私は一度も運転することもなく3時間の道のりを1回の休憩で名古屋から静岡へ。
渋滞はなかったものの夫はちょっぴりお疲れ気味のようでした。

お茶を入れ、赤福のサービスで運転と本日1日の疲れを労いました。
そして、先ほどから気になっていた鬼まんじゅうも開けてみることに・・・。
どかっと大きな角切りサツマイモがゴロゴロ入った素朴なお饅頭です。

IMG_2279
もっちり食感の鬼まんじゅう—ウマウマです!

甘さ控えで素朴な鬼まんじゅうは、昔懐かしい味でした。
私の好きな味でとても美味しかったです!!

名古屋(岐阜辺りでも)では”鬼まん”と呼ばれているそうです。
鬼まんと呼ばれていても中華まんとのイメージは遠く、蒸パンに限りなく近い感じでした。

後からネットで調べてみると意外に簡単に鬼まんじゅうが作れるようなので、今度チャレンジしてみようと思います♪

そして、最後は義両親の庭で咲いたオオデマリです。
白い花になった頃がこの花の見頃となるのですが、帯緑色の花の時期もとても魅力的ですよね。

IMG_2289
オオデマリの花、緑から白へ—もう直ぐ見頃を迎えます。

こんな風にきちんと整列している姿なんて、まるで鬼まんじゅうみたいだなぁ~と思ってしまった私。
IMG_2295
花より団子で鬼まんじゅうを連想したけれど、玉子パックにも見える!?

ETCで1,000円 の旅、明日も名古屋まで車を走らせる予定です。
GWの真っ只中、今回は往復にどれほど時間がかかるのか予測が全くできません。

さてさて、明日はどんな旅になるのでしょう。

常滑やきもの散歩道

4月 27th, 2009

IMG_2164
猪之頭の桜に蜂がやって来た♪

先日、単身赴任の義父を送りに車で名古屋まで行ってきました。

片道3時間の距離—「どうせ行くなら!」とせっせとネットで検索をしてみました。
旅好き、遊びのこととなるととーーーっても張り切る私なのです(笑)

名古屋と言えば、味噌カツ、ひつまぶしが直ぐに思い浮かびますが、「観光したい場所はどこ?」と聞かれて浮かび上がるのは、名古屋城くらいでしょうか・・・。

名古屋城には行ってみたいけれど、日曜日の中心部は混雑が予想されると言うことで、他の場所を探してみることにしました。

地図を眺めていると「常滑」の名前が目に飛び込んで来ました。
そして直ぐ近くには中部国際空港セントレア。

常滑市の2大産業である、常滑焼きと国際空港。
行き先はここ2場所に決定! と、かなり強引に決めてしまいました。
時間があれば半島の先の灯台にも行ってみよーっと♪

IMG_2169
常滑で今は使われていないレンガの煙突

常滑市は、愛知県知多半島の西海岸に位置し、南北に細長い街です。
平安時代末期ころからの「古常滑」と呼ばれる焼き物の産地として知られ、瀬戸、信楽、越前、丹波、備前と並び、日本六古窯のひとつとされ、中でも最も古く最大の規模とされています。

街に入ると「常滑焼き」と書かれた大きな看板があちらこちらに。
茶褐色の陶器で有名な常滑焼き、土管や招き猫作りの場所としてもその名を知られています。

早速やきもの散歩道大駐車に車を停め、周囲を散策してみることにしました。
平日は無料の駐車場も土・日・祝日は500円ですって。

駐車料金と引き換えに地図をもらい、いざ常滑やきもの散歩道へ!
常滑やきもの散歩道は、自然発生的にできた常滑焼きを扱う窯元や作家さんのギャラリーや食事処に喫茶、土産物屋が並ぶ小道です。
私たちは小さく回って常滑を満喫できるAコースを歩いて来ました。

IMG_2175
とあるお店の二階から見える常滑の風景

IMG_2174
常滑焼のかつての大窯が再利用されギャラリーに

IMG_2180
器や雑貨を扱うお店がたくさん!

IMG_2183
心の和むディスプレイ(タコ可愛ゆし♪)

IMG_2185
街中には常滑焼の廃材を利用した壁がマッチ

IMG_2192
垣根代わりの土管もお洒落に

IMG_2194
どこか懐かしい雰囲気が漂う常滑の路地

IMG_2212
焼酎瓶が使われているデンデン坂

IMG_2204
ほらね、焼酎瓶こんなアップにも耐えられます(笑)

IMG_2217
土管坂は常滑やきもの散歩道を代表する風景

IMG_2233
国の重要有形民俗文化財に指定された日本で現存する最大級の登窯の脇道

常滑の街は、街全体が美術館みたいでした。
1つ1つを観て回るには1日かけても足りないくらいだと思います。

買物は一通り見てからでないと出来ない性分の私は、いくつか候補をあげたものの結局は購入するまでに至らず。
この日進む道は one way 。
「やっぱりあのお店の湯呑みを買っておけば良かった」と今になって思うのでした(苦笑)

IMG_2186
IMG_2187
やきもの散歩道に咲く可愛い花たち

焼物には好き好きがあります。
夫との相性はイマイチだったようでしたが、その真相はいかに!?
私の父は焼物が好きで、友人と旅してはお気に入りを見つけてくるのですが、義両親はどうなのかな?来てみたかったかな?

IMG_2219
常滑での夫とのツーショット(この形で良く撮ります)

夫は私に付き合わされた感ありありでしたが、私はとっても楽しい時間を過ごしていました。
好天にも恵まれたこの日、常滑やきもの散歩道での散策は気持ち良く、リフレッシュさせてもらえました。
素敵な休日をありがとうございました~♪

今度来るときは、もう少し焼物の勉強と周辺の地理を頭に入れないと・・・そうすればもっと楽しいはずです。

常滑市では、2009年5月3日(日)~4日(月)の2日間で「常滑クラフトフェスタ Vol.2」が開催されます。
常滑焼作り手による販売、クラフト散歩市、陶芸体験、お土産品の販売、ライブやシンポジウムなど内容は盛りだくさん!
メイン会場の旧常滑高校を中心に楽しいイベントがいっぱいの2日間になりそうです。
お近くの方は、出かけてみてはいかがでしょう。

ここから中部国際空港セントレアまでは少し車を走らせます。
次回につづく。

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta