富士登山口(富士宮口、御殿場口、須走口)

7月 29th, 2008

玄関を出て、見上げてみれば、富士山に雲ひとつない快晴。
出不精にガソリン高騰が重なり?!このところ家の中で過ごしがちだったのですが、久しぶりにドライブに出掛けることにしました。

「こんなに天気が良ければ、富士山からの眺めは最高なんじゃない?」ということで、富士山5合目を目指して出発進行!!

まずは、お店から一番近い 富士宮口(三島口)を目指します。
雑貨運搬用として大活躍している軽ワゴンは、唸り声を上げて登山口に近づこうと必死です。
燃料の消費を抑えるためにこの軽ワゴンを選んだのですが、この調子だと余計にガソリンを消費しそうだし、環境破壊のような気がして後悔の念が込み上げて来ました。

そうしてやっとのことで辿り着いた富士登山富士宮口(三島口)。
駐車している車のナンバーから地元の人々と関西方面からの登山・観光客が多い富士登山口となっているようです。

fujitozan01.jpg

富士登山道入口付近では、富士宮口5合目に観光にやってきた人々が記念写真を撮っている姿が目立ちました。

fujitozan02.jpg
登山道に目を向けると腰の曲がったお婆ちゃんが山頂目指して山を登っています。
「お婆ちゃん、頑張ってくださいね!」

fujitozan03.jpg

富士登山富士宮口(三島口)からの眺めはこんな感じです。
左は伊豆半島、正面には駿河湾、右には清水の三保の松島を一望できる大パノラマが目の前に広がります。

■富士登山富士宮口(三島口)
■所要時間:登山4~7時間、下山:2~3時間
■利点
①登山口の標高が2,400Mで山頂まで最短距離で登れる。
②駿河湾を一望できる眺望が魅力的。
③日出、日没時に「影富士」を見ることができる。
■難点
①登山道と下山道が同じルートのため、混雑しやすい。
②登山道や山小屋からの御来光が拝めない場所が多い。
③南斜面のため、日差しの影響を受けやすい。

次は、御殿場口へと向かいます。
途中、マイカー規制の布かれる時期には登山客の駐車スペースとなる水ケ塚公園に寄りました。

ここは、富士山スカイライン沿いにある標高1,500M一帯に広がる自然公園です。
公園からは、宝永山を正面に見ることができます。
宝永山ハイキングコースもここ水ケ塚公園から始まるそうです。
この公園では、売店やお手洗いの設備もあります。
景色も良く、とても便利な公園は、観光客にとって重要なスポットだと思いました。

fujitozan04.jpg

そして、富士登山御殿場口へと入っていきます。
富士登山御殿場口5合目は、他の登山口よりも標高が低く、富士山スカイラインからの分岐点からは、近くに感じることができます。

ここ御殿場口の駐車場は、貸切の観光バスが8台と乗用車数台が停まっている程度でとても空いていました。

fujitozan05.jpg

富士登山御殿場口は、ひっそりとしている感じがしました。
しばらくすると富士登山を終えた小学生の団体がワイワイ、ガヤガヤとその沈黙を破り、バスを連ね帰って行きました。
みんな全身真っ黒になっていて、とても疲れている様子でした・・・。
「夏休みの思い出いっぱいできたかなっ?」

fujitozan06.jpg

富士登山道からは、こんな風に見慣れた富士山らしい山の姿が見えます。
ここ御殿場口5合目は、山頂までの距離が一番長いルートなので、ゆっくり登りたい方にオススメですが、どちらかというと大砂走りがあることで下山道として人気が高いようです。

fujitozan07.jpg

富士登山御殿場口からの眺めは、こんな感じです。
眼下に広がる山々を見下ろすことができるのですが、山の天気は変わりやすく、さっきまで晴れていたかと思うと、5分もするとこんな風に一気に雲に覆われたりします。
下界を一望できる写真を残せませんでした。

fujitozan08.jpg

御殿場口では、富士登山道の入口付近の植樹運動が盛んに行われいるようでした。
小さな苗木が大きく育ち、登山客を迎え入れてくれる日は、そう遠くないはずです。
ここでは、ホタルブクロや野バラ、フジアザミ、その他いろいろな植物を見ることができました。

■富士登山御殿場口
■所要時間:登山7~8時間、下山:3時間
■利点
①他の登山道よりも空いているため、ゆっくり登れ、帰りは大砂走りで快適に下山できる。
②標高が低く、高度に順応しやすい。
③どの場所からも御来光を拝むことができる。
■難点
①標高が低いため、山頂までの距離があり、体力が必要。
②景色が単調で、砂礫の部分が多く登りづらい。
③山小屋が少なく、休憩がとりにくい。

最後は、須走口です。
ここは、位置的にお店ある朝霧高原の真後ろに当たる登山口です。
ちょうどこれで富士山を半周したことになります。

ふじあざみラインを入ると、並木に挟まれた気持ちの良い直線道路を走り抜けることになります。
木と木の間からは富士山が顔を出しています。

fujitozan14.jpg

しばらく走ると、かなりの急勾配にまたしても軽ワゴンは、唸り声を上げて急坂を登りはじめました。
登山道まであと5KM、4KM、3KMと、なかなか目的地までの距離が縮まりません。

そして、やっとのことで須走口に到着です。
駐車場は、それなりに広く、整備されていて、登山客もやや多いような印象を受けました。
また、ここ富士登山須走口は、他の2つの登山口に比べると、駐車場に誘導員がいたり、呼び込み上手な売店があったりと、観光に力を入れている感じがしました。

fujitozan09.jpg

富士登山須走口の入口付近は、こんな感じです。
神社のあるところまでは人工的に作られた階段を上ることになりますが、それ以降は、しばらく森の中の道を歩くようになります。

fujitozan10.jpg

しばらくは木々に覆われた緑が続く登山道、鳥のさえずりに耳を傾けたり、高山植物を観察しながらハイキング気分で登山ができそうな雰囲気でした。

fujitozan11.jpg

富士登山須走口からの眺めです。
雲が垂れこめてしまいましたが、左手には山中湖を見ることができます。

■富士登山須走口
■所要時間:登山5~6時間、下山:2時間30分
■利点
①河口湖口と合流する本8合目までは比較的ゆっくり登れる、帰りは砂走りで下山できる。
②緑が多く、草花を観察できる。
③どの場所からも御来光を拝むことができる。
■難点
①標高がやや低いため、それなりに体力が必要。
②下山道の砂走りは、石が多く軽快には下山できない。
③御来光の時間帯は渋滞しやすい。

これで今日の目的は達成です。
開山期のこれからは、ますます登山客で賑わいをみせるであろう富士山。
登山されるみなさんの登頂達成と無事下山を祈りたいと思います。

fujitozan12.jpg

帰り道、御殿場市内では、こんなに素敵な夕焼けが広がりました。
富士山がオレンジ色に包まれて、うっとりするような時間が流れていきました。

fujitozan13.jpg

黄昏時を過ぎたころ、富士山の山小屋にはポツリ、ポツリと灯りが点りました。
「みなさん、明日に備え今宵はゆっくり休めますように☆」

そう富士登山を見守る私ですが、まだ一度も登頂したことがありません。
18年位前に山頂を目指して仲間と登山したものの、9合目直前で一歩も動けなくなり仲間と一緒に下山することになったのです。

その後も何度か5合目までは足を運んでいるのですが、どうもあの時のことを思い出すと富士登山に消極的になってしまうのです。
そう、高山病が怖くて仕方ないのです・・・。

ブログ通信簿

7月 24th, 2008

Yahooのニュースを見ていたら、面白い記事を発見しました。

それは”ブログ通信簿” というもの。
画面上に表示される入力欄にブログのURLを入力して、クリックすると、指定したブログの内容を4つの尺度から分析し、5段階で評価してくれるというサービスなのです!!

かなり面白そうな”ブログ通信簿”。
でも、評価が低かったら、ちょっぴりショックで凹むかも知れない”ブログ通信簿”。

こちらのサービスは、gooラボで実験を開始されたもので、ブログの記事の内容から、年齢や性別、影響度などを推定し、評価してくださるようです。

こちらの”ブログ通信簿”は、gooブログ以外のブログも評価してくれるようなので、私も近々トライしてみたいと思いま~す♪

自分のブログにはどんな特徴があるのか、気になる方は、是非お試しくださいませ。

ブログ通信簿

成績優秀のオール5っていう評価も出るのでしょうか?
何だかドキドキしますねっ。

MANGIA MANGIA(マンジャマンジャ)で

7月 19th, 2008

今日は、日本列島晴れマークに覆われていました。
全国的に梅雨明けとなったようですね。

こんな日は、ビールが美味い!!
夏を楽しむならビアガーデンが一番なのでしょうが、私は蒸し暑い野外での飲酒、そして飲食はちょっぴり苦手です。

ダーッと流れる汗よりも、最近では治りが遅く、痕が残る虫刺されが気になるところです。
年には勝てませんね・・・。

今日は、そんな暑い夏の夜にオススメのスポットをご紹介します。

それは、横浜ランドマークタワー5階にある”MANGIA MANGIA”(マンジャマンジャ)というお店です。
横浜の夜景を見ながら、アメリカンスタイルで いただくフレンチ?!
なんだかややこしいですが、お店のコンセプトがアメリカに あるカジュアルイタリアンレストランなんだとか・・・店名の下にLittle Italyって書いてありました!!

私たちは、ランチタイムを過ぎ、ディナー用のテーブルセッティングが済んだばかりの夕方4時過ぎにお邪魔しました。
夜景にはまだ早いですけれど、雰囲気だけはお届けできるかな?と思います。
客席からの眺めは、こんな感じです。
ここから見る横浜の夜景は、きっと最高だと思いませんか?

mangiamangia01.jpg

テーブル席とソファ席、バーカウンターもあり、色々な用途で使い分けができそうなレストランです。
時間帯で、ジャズなどの生演奏も楽しめるそうです。
横浜の夜景と生演奏、そして美味しい料理をお酒に弾む会話で最高の夜を楽しめそうです!!

平日のこの時間でも、店内には数名のお客さんがいて、みなさんお茶を楽しんでいました。
この時間は、やっぱりケーキセットでしょうか?

入店した時間帯がとても中途半端だったので、適当にオーダーして取り分けることにしました。

私たちがオーダーしたのは、パルマ産プロシュートの盛り合わせ、真鯛のカルパッチョ、マンジャマンジャサラダ、パスタ、本牧ピザ。
そして生ビールです!!

mangiamangia02.jpg

”MANGIA MANGIA”(マンジャマンジャ)のお料理全体のボリュームは、なかなかのものでした。
やや濃い目の味付けは、アルコールとの相性もぴったりですし、何よりどっしり感があります。
お値段とお料理のバランスはそれなりの感じがしました。

ただ、残念だったのは、1950年代に本牧で流行ったという本牧ピザを再現した薄生地のピザが”MANGIA MANGIA”(マンジャマンジャ)のオススメだと聞いてオーダーしたのですが、チーズをオーブンで焼いて、その上にトッピングしたような感じのピザで・・・サクサク感を味わうことができませんでした。
薄生地というなら、パリパリ、サクサクッを期待しちゃうでしょ?!

mangiamangia03.jpg

私たちの席を担当してくださった店員さんの接客は、とてもスマートで好感が持てました。

横浜みなとみらいには、色々なジャンルのレストランがありますが、”MANGIA MANGIA”(マンジャマンジャ)もオススメです。

ここ”MANGIA MANGIA”(マンジャマンジャ)を帰宅してから調べたのですが、お得な情報がありました~♪
まず、pm5:00からは自家製フォカッチャが食べ放題だそうです!
そして、平日のpm4:00からpm8:00までは、ハッピーアワーが開催されていて、バーエリアを利用されるお客様に限った特典が用意されています!!

3連休のど真ん中の明日7月20日(日)は、横浜開港記念みなと祭「第53回国際花火大会」が開催され、この開港祭のフィナーレを迎えます。
”MANGIA MANGIA”(マンジャマンジャ)から眺める花火も、きっと最高でしょうね♪

ちなみに、店名の”MANGIA MANGIA”(マンジャマンジャ)は、イタリア語の”食べた~”を重ねたものだそうです。
「お腹いっぱい食べていってください」というお店の願いが込められているのかな?

MANGIA MANGIA(マンジャマンジャ)
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー5F
tel.045-227-0369

ヤブカンゾウ(藪萱草)の花

7月 15th, 2008

太陽が顔を出したと思ったら、急に雲がモクモクモク、一面灰色の世界に・・・。
そして、今日もまた雷様がやって来て、一時的に土砂降りになりました。
相変わらず不安定な空模様の朝霧高原です。

そんな朝霧高原の一角にある私の仕事場は、道から少し入った場所にあります。
机は窓に面していて表を見ることができます。

この時季、私の机からは、鮮やかなオレンジ色の花々が見える特等席に変わりますっ!
机に座るとき、PCの作業に疲れたとき、おサボりモードに入ったとき、コーヒーブレイクの時、1日に何度も見てしまうオレンジ色の花。
最近一番のお気に入りになっています。

dailily01.jpg

オレンジ色の花の正体は、ヤブカンゾウ(藪萱草)という花でした。
ユリに似た、八重咲きの花です。

この花の別名は、ワスレグサ(忘れ草)というそうです。
「この花を見ていると憂いを忘れさせてくれる」という中国の故事に由来するものだそうです。
また、この花を調べてみると、花は朝開いて夕方にしぼむ、1日花ということでした。
美しいものの命は儚いのですね。

dailily02.jpg

見るたび、私に元気を与えてくれるオレンジ色の花。
いつも同じ花を見ているのかと思っていたけれど、毎日見ていたオレンジ色の花のこと、やっと知ることができました。

緑の土手に次から次へと咲く美しいオレンジ色の花。
明日は、また新たな出会いがありそうです♪

蓮花(ロータス)柄のカフェエプロン♪

7月 14th, 2008

昼間の天気から一変、午後から雷鳴が轟いた朝霧高原。
空からポツリ、ポツリと落ちてきた雨粒は、本降りになる手前で降り止みました。
しばらく、こんな日が続くのでしょうね・・・。

さて、GREENSINGでは、夏本番を直前に控え、少しずつ新商品が入荷しています!
今日ご紹介するのは「蓮花(ロータス)柄のカフェエプロン」です。

藍染に似た紺色の生地に白のインクでプリントされた蓮花(ロータス)が、美しく浮かび上がるカフェタイプのエプロンです。

和テイストで涼しげな印象の蓮花(ロータス)柄のカフェエプロンは、
2パターンの絵柄をご用意いたしました♪
スッと伸びた茎から花開いた一輪の蓮花(ロータス)タイプ、
もう1つは、大輪の蓮花(ロタース)を大胆に描いたタイプです。

cafeapron01.jpg

cafeapron02.jpg

さてさて、どちらがお好みでしょうか?

カフェエプロンは、”腰周りをすっきりと見せてくれる”女性にとって嬉しいアイテムです。
蓮花(ロータス)柄のカフェエプロンで、お料理も、お洗濯の時間も、もっと楽しくなりそうです!!

蓮花(ロータス)は、女性に人気のあるお花の1つです。
気高く、凛とした、清らかなイメージが、女性の美を象徴しているかのようですよねっ!!

lotus.jpg

蓮花(ロータス)は、7月の誕生花で、夏の季語としても使われていて、花言葉は、「清純な心」「優しさ」です。
7~8月が 開花時期ということですので、水辺でひっそりと咲く、その美しい姿を愛でることができそうですね。

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta