フジアザミの花

9月 26th, 2008

カメラを持って秋を探しながらの散歩は、つい距離がのびがちです。
この日はいつもより少し足をのばして来ました。

20080926-1.jpg

道沿いの水田は、稲刈りの時期を迎え一面黄金色に染まっていました。
手塩にかけた稲は、立派で申し分のないお米に育ったようです。
収穫する方の笑顔が見えてきそうな感じがしました。

去年この時期に私が初めてみた花がありました。
それは、「フジアザミ」という花です。

巨大な花頭を持つアザミの花なのですが、とても印象的だったので、今年も会いに行ってきました。

するとフジアザミは、こんなに見事な花をつけていました。

20080926-21.jpg

20080926-4.jpg

フジアザミは、キク科の多年草で、日本産のアザミの中では8cmほどの最も大きな赤紫色の花をつけ、株は大きなものになると1mほどになります。
関東や中部地方の山地(一部北陸でも)で広く見られるこの花は、特に富士山周辺に多く見られることからこの名前がついたそうです。

20080926-3.jpg

上の写真は、蕾の状態です。
葉や花の上部には、とても鋭い棘があり、どこか近寄りがたい雰囲気なのですが、お花はというとボサボサして生えている感じが何とも可愛く思えてしまいます。
下向きに咲く花なので、膝をついて下から覗き込むようにしないと花を正面から見ることができないので、カメラを構えている私は、妙な体制になっていたでしょう。

20080926-5.jpg

20080926-6.jpg

20080926-7.jpg

どうです?可愛くありませんか?
ちょっぴり妖怪ちっく?!このボサボサ感を活かした富士山にまつわるキャラクターにどうかなぁ~?と思ってしまうのです(笑)

このフジアザミは、富士山の登山道周辺でも見ることができます。
これは、フジアザミの特性を活かしているもので、地中深くに根を張り、養分の少ない砂礫地や崩壊地などの地表が安定しないところに好んで咲くというものです。
こうやって不安定な場所に根を張ることで土壌を安定させる働きをしているそうなのです。
地中深く下ろした根は、食用にもなるそうです。

アザミの 別名は、刺草。
名前の由来は、アザム〈傷む、傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説があるということです。

確かに不意に触れた棘は、チクッとしていて、とっても痛かった~。
でも、やっぱり魅力的なお花です。
朝霧高原周辺では、もうしばらくこの花を愛でることができそうです。

20080926.jpg

こちらもアザミの一種のようですが、何アザミなのかな?
日本ではアザミだけでも100種類ほどあるようなので、絶対私は覚えきれないだろうな・・・。

フジアザミはダイナミック過ぎてしまいますが、こちらの小さなアザミの花ならば、一輪挿しの花瓶に生けても可愛いかな?
そんなことを色々と思いながら家路に着きました。

狐(きつね)の嫁入りと富士山

9月 22nd, 2008

?昨夜は強風に雷雨と、まるで台風のようでした。
部屋の灯りを消して窓越しに外を見ると、青白い光や桃色の光がピカッと夜の闇を照らします。
とっても幻想的!!で好きなんです。

ブログを書くようになって、こうやって私と同じように雷を観察するのが好きな人って結構いるんだなぁ~と思うようになりました。
昨日もきっと私が見ていたのと同じ空を見上げている人がいたのでしょうね。

このところグズついたお天気が続いていた朝霧高原にもやっと青空が広がってきました。
お昼を少し過ぎた頃には、晴れているのに雨が降っていました。
お天気雨、いわゆる「狐(きつね)の嫁入り」です。
緑がより鮮やかに、輝いて見えるとても素敵な時間でした。

20080922-1.jpg

20080922-2.jpg

「狐の嫁入り」の語源(由来)を調べてみると、諸説あるようです。

まず1つは、「夜、山野で狐火が連なって、嫁入り行列の提灯のように見えるもの」との記載がありました。
昔、人々の嫁入りは夜に提灯を下げ、列を成して行われたそうです。
その幻想的な情景が似ているというものです。

その光のように暗闇にぼんやりと灯る明かり、狐火(火の玉)が、連なって見える様子が人間の婚礼儀式に似ている(連想させる)ことから「狐の嫁入り」といわれるようになったらしいのです。

狐火とは、狐に関連する光のことのようで、
①狐の吐息が光っているという説
②狐が尾を合わせて火を起こしているという説
③狐が持つ狐火玉と呼ばれる玉が光っているという説
などが代表的な通説で、人々が寝静まった夜中に提灯のような灯りが灯ったり、消えたりしながら行列を成して現れる光のことをいうそうです。

そこから、狐が人間の婚礼を真似して嫁入りの儀式をしているもの、または、狐が人間を化かしているともいわれるようになったようです。

この狐火を見ると良いことが起きるとか、その年は豊作になるとか、縁起の良いことが多く語り継がれているようです。

そしてもう1つが、「日が照っているのに、急に雨がぱらつくこと」です。
今日の午後に遭遇したお天気雨のこと。

これは先に書いた狐火の幻想的な情景と狐が人間を化かすということが深く関係しているらしく、日が照っているのに雨が降るという、どこか信じられない不思議で幻想的な雨の情景をさしていわれるようになったようなのです。
また、この情景が狐に騙されているような変な感じがするといった両者から来ているようなのです。

他にも狐が自分達の婚礼を人間に見せまいとして雨を降らしているとか・・・ 。
狐の結婚式ねぇ~、この辺りにも住んでいるらしい話を聞いたので、茂みの間から覗いてみたいような気がします。
想像してみると可愛いけれど、でも、せっかくの結婚式に雨降りでは可哀想だなと思ってしまいますよね。

そうこう調べているうちに日が暮れようとしています。
これからのお天気はどうなるのでしょう。
こちらも調べてみなくては(笑)

20080922-3.jpg

夕暮れ時の朝霧高原からは、富士山もこんなにくっきりと見えました。
とっても綺麗でした♪

中秋の名月

9月 14th, 2008

今日は「十五夜」です。
でも、静岡の今夜のお天気は、曇りマークが出ています。
月見の夜とはいかないのかな?

20080914.jpg

今年はお月見の飾りをこんな風にしてみました。
肝心なお団子はないけれど、気分だけ演出してみました。(笑)

そう言えば、私が初めてバスに乗って出かけた初めてのおつかいは
「月見団子を買い行く!」だったように思います。
小学校2、3年生くらいだったかな?
幼馴染のマユちゃんとバスに乗って逗子の和菓子屋さんまで買いに行ったっけ。
懐かしいなぁ~♪

皆さんのお家では、どんなお月見を迎えるのでしょう。
お月様見えると良いですよね。

秋晴れドライブ♪

9月 13th, 2008

秋晴れの休日にドライブに出掛けました。
ガイドブック片手に目的地のない小旅行に出発で~す♪

お店のある朝霧高原は、既に観光地のエリア内みたいなものですが、近くにあって行ったことのない場所も結構あるわけで・・・。

たまには?!カフェでお茶でもしようという話になり、西湖方面に車を走らせることにしてみました。

実家に帰ったときにチラッと見た首都圏版の旅行パンフに載っていた「西湖いやしの里」。
こんなに近くに居ながら、その存在すら知らなかったのですが、ガイドブックを見てみると、ちゃんと載っていましたよっ!
まずは、お茶する前にそこに立ち寄ってみることにしました。

iyashinosato01.jpg iyashinosato041.jpg

ここは、昭和41年の台風26号によって消失した茅葺き集落を再現したテーマパーク。
湖からはちょっと遠い場所にあるけれど、タイムトリップしたような昔懐かしい、ゆったりとした気分にさせてくれるようなそんなスポットでした。

iyashinosato02.jpg iyashinosato03.jpg

茅葺き屋根の建物の内部では、陶芸、大石紬の手織り、つるし雛や繭人形作りなど、様々な体験学習ができるようになっていました。

その他に食事処やお土産物を扱うショップなどの施設も充実しているので、富士五湖めぐりの旅の途中に立ち寄ってみるにはオススメです。
内容的に大人時間をゆるりと過ごすことができそうな施設かな?って印象でした。

実は、この方向に富士山を望むことができるのですが・・・。
この日の富士山は、残念ながら雲の中にすっぽり隠れてしまっていました。

iyashinosato05.jpg

私たちは、富士山と藁葺き屋根の写真は諦め「西湖いやしの里」を出て、西湖湖畔のカフェで遅めの昼食を摂ることにしました。
自分の目を疑ってしまいそうな観光地価格に少々苦笑いをしながらオーダーしたものの、ボリューム満点のピタサンドに大満足でした。
自家製という感じがしっかり伝わってくるような、そんなお味でした。

iyashinosato06.jpg

見上げた空には、太陽がまだ高いところにあります。
お腹も、喉の渇きも満たされたところで、西湖を後にすることにしました。
ここまで来れば、河口湖はもうすぐそこです。

河口湖をくるっと半周しているうちに「どうせここまで来たなら山中湖まで行っちゃう?」
欲張りな私たちの最終目的地は山中湖に決定しました。

湖手前にある山中湖花の都公園は、満開のお花畑を横目で見ながら通過することに・・・今度はゆっくり花の小道を歩きたいなぁ~。

最終目的地の山中湖では、車を止めて湖畔を散策してみることに。
すると、白鳥さんたちが今日の仕事を終え、順序よく並んで明日に備えていました。
プカプカ浮かんでいる姿が可愛い~♪

iyashinosato07.jpg

そして、本物の白鳥さんも明日に備えてる?
こちらも可愛かったです。

iyashinosato08.jpg

今日から3連休の方も多いのではないでしょうか。
来週も飛び石ですがお休みがあり、今から何をしようか計画を立てるのも楽しみですね。

この時季は、ドライブに最適な気候だったりしますから、ちょっと遠出をしてみるのもいいかも知れないですね。
富士五湖巡りはいかがですか?

この日は、少しだけ早い秋を楽しんだ1日でした。

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta