明日は父の日だけど・・・

6月 20th, 2009

s-jupun 
明日6月21日(日)は父の日です。

義父には雨の日徒歩通勤用としてシューズカバーを購入し、既にプレゼントしました。

靴が入らないと困るからとちょっぴり大きめをオーダーしてみたのですが、これがガブガブで — 多分歩きづらいと思うけれど、まずはお試しでと強引に渡しちゃいました(苦笑)

父には・・・どうしよう。
6月中に帰省しようと思っていたのですが、ズルズルと時間が過ぎて月末になってしまいました。

「遅れてゴメンネ!」として父の日を祝って来ようかな?と思っています。
でも、プレゼントの中身は何にするべきか?

母の日以上に悩みます。

皆さんは、『父の日』の準備万全ですか?

プラス カテキン飲んでみました!

6月 19th, 2009

s-IMG_3973

「コカ・コーラ プラス カテキン」を飲んでみました!

グリーンティーフレイバーと書いてあり、飲んでみると確かに緑茶の香りがほのか~に広がり、後味も緑茶風味でした。

爽やか!?と表現するべきなんでしょうね・・・きっと。

ん~、プラスシリーズ、私はどちらかと言うとカテキンよりもビタミンCの方が好みかな?

コカ・コーラ プラス カテキン。
私にはちょっぴり微妙なお味でした(苦笑)

この時、直ぐにでも飲みたい状況だったのに”ブログネタ”とか言って慌てて写真を撮ったのが、上の写真です。

ボトルが緑だったので、緑の中で撮影してみたのですが、何だか美味しそうにも爽やかっぽくも見えなくなっていました。

私が思い描いたものと全然違っちゃいましたが
でも、ま、イイか(笑)

果物の女王 マンゴスチン

6月 18th, 2009

スーパーでフレッシュマンゴスチンを見つけました~♪
直ぐに買物カゴに入れました~♪

s-KC3N0010 

冷蔵庫で冷たく冷やして、赤道切りで~す♪♪

マンゴスチンは、東南アジアを中心とする熱帯・亜熱帯地域が原産のフルーツです。

日本へのフレッシュマンゴスチン(生果)輸入が解禁となったのが2004年というのですから、つい最近のことなのですね。
それまでは冷凍物が主流だったようです。

マンゴスチンは、世界三大果実(マンゴー、マンゴスチン、チェリモヤ)のひとつとしても有名ですよね!

ドリアンが「果物の王様」と称されるのに対し、このマンゴスチンは「果物の女王」と呼ばれています。

どうして「果物の女王」と呼ばれるようになったのかと言うと、19世紀イギリスを統治していたビクトリア女王にこのマンゴスチンが献上され、ビクトリア女王がマンゴスチンを褒め称えたことに由来しているという説が濃厚のようです。

爽やかな甘さと酸味、上品な香りのマンゴスチンは、かのビクトリア女王をも魅了した南国フルーツだったのですね。

最後にマンゴスチンの栄養成分をご紹介したいと思います。

主な栄養成分として、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、マンガン、食物繊維、抗酸化作用があるとされるポリフェノールの一種のキサントンなどが含まれているそうで、美容と健康にも良い果物のようです。

南国のフルーツは、魅惑のフルーツ。
どうしてこんなに美味しいのでしょうね!?

このマンゴスチン、沖縄や九州などの比較的温暖な地域でもまだ日本国内での栽培は、成功事例がないそうです。
もし成功しても、あの宮崎マンゴーのように超有名になって、超高級になってしまうのでしょうね・・・それだと私には手が出せないかも(笑)

少し前に「マンゴスチン石鹸」なんていうものもブレイクしましたよね!
GREENSINGでも雑貨として販売したことがあります。
何でも美白効果が期待できるとか、できないとか・・・。
タイから届いた商品だったのですが、パッケージの外から良い香り~で使わずにして癒されちゃっていました♪

得意のアマゾンで調べてみるとフレッシュマンゴスチンありました!ジュースも美味しそう!
他にもマンゴスチンの色々な商品がありました。
マンゴスチン恐るべし!

レストラン 長屋門

6月 17th, 2009

日頃から親しくさせていただいているKさんご夫婦から食事のご招待をいただきました。

s-IMG_3861

会食の場所として予約を入れてくださったのは、富士宮市大宮町にある「レストラン 長屋門」です。

何だか聞き覚えがあるみたい?

そうなんです。
ここは、元々富士宮市が所有していた「長屋門」を近代建築と融合させ、レストランとして改修させたという、あの「長屋門」です。

s-IMG_3866

以前、富士宮市が推進する「フードバレー構想」により立ち上げられた本格イタリアンレストラン「ヴァルナ」があった場所です。

メディアでも取り上げられ、多くの主体が関わりあって「地方活性化」を目指した本格イタリアンレストランとして華々しくデビューを飾ったお店でしたが、残念なことに諸般の事情から2008年9月のオープンからほどなくして閉店してしまいました。 

s-IMG_3868

今は、同じ場所で新たなシェフを招き、地元のスタッフを採用して、フランス料理「レストラン 長屋門」としてリニューアルオープンしています。

「レストラン 長屋門」として再スタートをきったという情報は既にGETしていたのですが、なかなか行く機会に恵まれず、やっとこの時を迎えることとなりました。

s-IMG_3860

店内は白を基調とした清潔感が溢れる感じです。
目隠しの目的で建物に沿って植えられた緑が大きめの窓から見え、自然と心が和みます。

s-IMG_3874
s-IMG_3882

そして、いざ、お料理!!
この日のメニューをご紹介したいと思います。

s-IMG_3891 
『赤ピーマンのムースとトマトゼリーのお菓子仕立て、色とりどりの野菜とフルーツを添えて』

s-IMG_3897 
『鯛・クリームチーズ・桃のミルフィーユ、バルサミコソース』

s-IMG_3903 
『鴨のフォアグラソテー シェリーヴィネガー風味、トウモロコシのガレットと野菜のソテー』

s-IMG_3906
『低温調理した平目のソテーにラタトゥイユを添え、オレンジソース』

s-IMG_3918
『シャンパンのシャーベット』

s-IMG_3928
『朝霧牛のフィレ肉のステーキ、赤ワインソース』

s-IMG_3937
『本日のデザート盛り合わせ』

これに、パンとバター、コーヒー又は紅茶がつきます。
そして、私はビール、シャンパン、白ワインをご馳走になりました。

s-IMG_3942

私がフランス料理と聞いてまず思い浮かぶのは、高価、窮屈で、高級とかなり偏った方向で文字が並びます。
(庶民丸出しでお恥ずかしいですが・・・汗) 

そんな私が思うフランス料理を表す全体的なイメージは、「緊張する」という言葉が最適で、食事をする場所として選ぶ際にはついつい敬遠してしまうのですが、ここ「レストラン 長屋門」は、肩肘をはらず(気取らず)にゆっくりと食事ができるお店といった印象を受けました。

s-IMG_3945

新しく生まれ変わった「レストラン 長屋門」ですが、リニューアルオープン後に訪れた方が書いているブログや食べ物のサイトでは、その評価が大きく二分していて(どのお店もそうですが)・・・。

私もネットサーフィンして、みなさんの書かれた色々な記事を読ませていただいた1人なので、今度はみなさんの参考にしていただけると嬉しく思います。

私はというと、お美味しい料理を囲みながら、楽しいひとときを過ごすことができました☆

どの皿も彩り豊かで、素材の味を損なわない調理と味付け、一皿一皿は「もうちょっと食べたい!」と思わせるボリュームも最後にはお腹一杯になり大満足でした。

実は、ネット上で気になる書き込みがあったので、少々不安に思っていたのですが、私の場合、余計な心配に終わりました(笑)

私自身、名立たる一流レストランで食事をしたこともないですし、食通でもありません(笑)

だから、自分が「コレ美味しい♪」と思えば、それが一番なのではないかな!?って思うのですよ。

「食べる」ことは、とっても大切なこと — ご自分の目で見て、舌で確かめて、 その場の雰囲気を肌で感じて欲しいなぁ~と♪

s-IMG_3951

そして、できることなら、「私はこうだった」とか「ああだったよ」とかコメント欄に書いてもらえたら嬉しいなぁ~!!
(・・・って、これってかなり調子に乗り過ぎていますね。すみません。)

s-IMG_3961

お店は、富士山本宮浅間大社の東側、住宅街の一画にあります。
「レストラン 長屋門」は、昼間は明るい日差しが降りそそぎ、夜は店内の照明が優しい光で包んでくれます。

気の合う仲間とのランチに、大切な人との記念日に是非行かれてみてはいかがでしょう。
たまには自分へのご褒美になんていうのもアリです(笑)

そうそう、浅間大社の横、こんな立地を利用して、少人数のアットホームなレストランウェディングなんていうのも素敵かも~♪と思いました。

メニューは、月変わりのようなので、また機会を見つけて出掛けてみようと思っています。

レストラン 長屋門
住所:静岡県富士宮市大宮町6-22
電話番号:0544-25-1323
営業時間:下記の通り
11:30~14:00(ランチ)
14:00~16:00(ティータイム)
18:00~21:00(ディナー)
定休日:毎週火曜日、第2月曜日

ヒューマンドラマ「アイシテル -海容-」

6月 16th, 2009

この4月から放送されているドラマが明日最終回を迎えます。

それは、毎週水曜日、夜10時から放送の「アイシテル -海容-」というヒューマンドラマです。

原作は、「BE・LOVE」という雑誌のコミック作品。

母親とは・・・。家族の愛とは・・・。

この2つをテーマに描かれたドラマは、深く考えさせられるものがありました。

「アイシテル -海容-」の最終回は、15分間拡大して放送されるようです。

明日、夜10時、どんな結末を迎えるのか、最後まで見届けたいと思います。

アイシテル~海容 後編 (2)
伊藤 実
講談社

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta