歴女、岡崎城と岡崎公園に行く!

7月 25th, 2009

s-KC3N0024 

なんちゃって歴女の旅シリーズ!?
岡崎城に行ってきました~♪
もう1カ月位前、携帯での写真のみになりますが・・・(汗)

義父の単身赴任先まで送迎の際、往路の高速道路上にあった「岡崎城」という看板。
看板の方向にお城は見えないのですぅ。

魔のGW渋滞にあってから、渋滞情報には特に敏感になっていた私たちが高速道路上の渋滞を回避するために取った策は、少し手前のインターで降りるということ・・・あまりにも普通過ぎる作戦なのですが、これがかなりの成果を発揮しました。

さらに私にとっては好都合なことに、この渋滞回避作戦であの岡崎城を発見することになったのです。

高速道路上からは見えないけれど、下道を名古屋方面に走ると左手に見えて来たんです!
そう、あれは暗闇に浮かび上がる天守閣!

その日は夜も遅かったので、次の機会にと横目で見ながら素通りしたのですが、ついに寄り道する日がやって来ました。

いつもより3時間前に家を出て、東名高速道路を西に向かって走らせ、岡崎I.C.で降ります。
名古屋方面に向かって3kmほど走ると岡崎城に到着です。

岡崎城の周りは公園になっていて、公園の近くには綺麗に整備された駐車場(有料)がありました。
車を停めて公園内に潜入します(笑)

s-KC3N0022 

鬱蒼とした緑の生い茂る下にはお堀。
これは昔のままなのでしょうか?

ここ岡崎城は、天文11年(1542年)12月26日に徳川家康が誕生した城で、天下統一という偉業への基礎を固めた拠点と言われています。

家康が居城を移した後、かつては大規模な城郭の整備拡張も行われた岡崎城でしたが、明治維新を迎え、廃城令によって廃城処分となり、天守以下の建物が撤去されたそうです。

s-KC3N0025

その後、市民の強い思いにより公園施設として整備され、昭和34年(1959年)に天守閣が再建されたとのこと。
今年は岡崎城再建50周年です!

公園内には、この岡崎城のほかに花時計や噴水広場、三河武士のやかた家康館、能楽堂、茶室、お食事処、神社、奥には藤棚、家康の産湯にも使われたという水を湛える?井戸などがありました。

到着時間が17時を過ぎてしまっていたため、岡崎城や展示施設には入館することができませんでしたが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

KC3N0023

上の写真は、龍城神社の前には『茅の輪くぐり』が設置されていました。
私たちもそのお作法通りに参拝させていただきました☆

日が伸びたせいか、17時を過ぎていても園内は明るく、涼をとっている多くの方の姿を見かけました。
今は市民の憩いの場所として愛されているのですね。

KC3N0026

岡崎公園の横には、乙川(菅生川)という川が流れていました。
河川敷には気持ちよさそうな広場があり、こちらもジョギングを楽しむ人やワンちゃんの散歩をする人、小さなお子さんを連れている方、みなさん思い思いの時間を過ごされていらっしゃいました。

岡崎公園は、「日本のさくら名所100選」に認定されているそうです。
川沿いにも大きな桜の木が植えられていました。
緑の濃い季節も良いのですが、桜の花が咲く頃はもっと美しいのでしょうね~♪

その頃にまた来てみたいです。

岡崎城岡崎公園
住所:愛知県岡崎市康生町561番地
電話番号:0564-22-2122

ゲリラ豪雨にさすがのカエルも・・・

7月 24th, 2009

昨夜からずっと雨が雨が降ったり止んだりしています。
ゲリラ豪雨のような激しい雨と小雨の繰り返し、それもずっとです。

昨夜はあまりの雨音に何度目を覚ましたことか・・・。
みなさんのお住まいの地域では、雨は降っていませんか?

昼過ぎには雨が上がり、雲の隙間から青空が見えていたのですが、それも束の間また雨がシトシト降っています。
と書いていたらザーザーの土砂降りに変わりました(苦笑)

東海地方はまだ梅雨明け宣言が出されていませんが、昨年は7月12日頃に梅雨明けしているし、平年7月20日頃には梅雨明けしているのに、今年はどうなっちゃっているんだろう?

suhaikaerun

雨を楽しみにしているカエルもあまりの雨脚の強さに
「激しい雨よ、止まれ!」
「お願いだから優しい雨に戻って♪」
と祈りをささげているようです(笑)

これだけ激しい雨が続くと河川の増水や土砂災害、車社会のこの辺りでは運転にはいつも以上の注意が必要になりそうです。

ここ最近耳にする『ゲリラ豪雨』とは、予測が困難な集中豪雨を示す言葉で、10km四方程度のきわめて狭い範囲に1時間あたり100mmを超えるような猛烈な雨が降るが、雨は1時間程度しか続かないという特徴があるとされている。

『ゲリラ豪雨』という言葉は、気象庁の予報用語ではなく、主にマスコミによって使われ広く浸透するようになったとのこと。

予測が困難とされている『ゲリラ豪雨』ですが、70%以上の高確率で予測し、その発生状況を携帯メールに情報配信するサービスや同様のWEBサイトがあるようです。

様々な被害が問題になっている『ゲリラ豪雨』、事前に把握することができれば被害も最小限に防げると確信したいものです。

私はまず丈夫な傘から用意しないとです。

蓮花開花に焦り

7月 23rd, 2009

s-R0010429 

夏の訪れを告げる蓮の花。
大輪の花と水を弾く大きな丸い葉っぱ、私の好きな花の1つです。

「蓮の花が開いたよ~♪」と連絡がありました。
去年は8月10日頃に開花したので、今年はなんと半月以上も早く咲いてしまったようです。

今度帰った時には海と富士山、夕焼け、蓮花の写真を撮ろうと楽しみにしていたのに、蓮花の開花時期が前倒しになったことで、チャンスを逃してしまいました(涙)

今年はそんなに暖かいですか?
となると、海の水も温かい?

はぁ~、ちょっと待って!緩んだ体をどうにかしなければ・・・と思いつつ、ダラダラの私は1日1日と過ぎてしまうのです。
しかし、そろそろ本気モードに切り替えなければ、水着になれない!と焦り始めたのですが、腹筋、腕立、それからどうすれば?

短期間で(楽に)メリハリボディーになる施策はないものか?

日食観察できませんでした(涙)

7月 22nd, 2009

s-R0011111

今世紀最長の皆既日食、随分と前から話題になっていましたよね♪
神秘的な現象ってとても興味があるのですが、残念ながら私は見ることができませんでした。

土地柄ほぼ諦めていたのですが、やっぱりといった感じです。
なんでココは曇りや雨が多いかねぇ~ったく!!

山を下った海に近い場所では、雲の合間から部分日食を観察できたとラジオ番組に投稿が寄せられていました。

私も太陽追っかけるべきだったかな?
昔ならきっと有給休暇を取って本気モードになっていただろうなぁ。

次は26年後らしいのですが、えぇ~っとその時私は何歳になっているの!?って感じです。

みなさんは、世紀の天体ショーを見届けることができましたか?

山百合と紫陽花のコラボ

7月 21st, 2009

6月に帰省した際に裏庭で咲いていた山百合と紫陽花です。
緑の中に咲く花たちはとっても綺麗でした~♪

s-R0011068

山百合の花は、去年よりも少ない14個の花と蕾を携えていました。
順々に開花して、辺りは濃厚過ぎる甘い香りに包まれます。

この山百合、毎年たくさんの花をつけてくれるのですが、毎年その重みで茎がグウィーンとしなります。
その様子を去年ハラハラしながら見守っていた父。
今年は蕾の小さなうちに竹で補強をしたようです。

せっかくの自然美が~って感じになっていましたが、せっかく蕾をもっても折れてしまっては可哀想なので、良しとしますか・・・。

その横の紫陽花の葉っぱは虫食いの穴がいっぱい開いていて、ちょっぴり可哀想な感じでした。
きっと虫たちにとって、やわらかくて美味しいご馳走だったのに違いありません(笑)

s-R0011070

「百合の王様」と言われていて、神奈川県の県の花にも指定されている山百合は、開花の時期であれば神奈川県内の山の斜面に目をむけるとかなりの確立で見ることができます。
(横横道路なんて山を削った両側の斜面に咲き乱れていますよ!)

虫たちに立ち寄ってもらうための作戦ではあると思えるのですが、この斑点がなければもっと美しいでしょうに・・・。

百合ってゴージャスですが、部屋の中で飾るのは苦手です。
あのゴージャスな香りに頭がクラクラ、気分を悪くしてしまうのです。

あれから早1ヶ月。
富士山西麓にも山百合の季節がやって参りました。
この辺りでは、これから山百合と紫陽花のコラボが楽しめます!

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta