ベルギービールと富士山

1月 22nd, 2009

?年が明けてから何やらバタバタとしているうちに1月も終わりそうです。

久しぶりに年末年始を実家で過ごした私。
珍しく早起きをしてもゆっくりと朝食を摂り、家族の集まるダイニングテーブルのある台所で過ごすことが多かったように思います。

家の用事に託けて度々帰省している私なのですが、どうしても友人と会う約束が帰省期間に集中してしまうため、なかなか家族でゆっくり過ごすことが少なくなってしまっていました。

でも、今回は新聞を読んだり、新年のご挨拶にいらしたお客様との会話を楽しんだり、愛猫をいじったり、両親や弟とたわいも無い話をしたりと今思えば、スロー過ぎるスタートだったかな?

200901061.jpg

そんなスロースタートをきった私も『年末年始に帰省したら初売りに行く!』は必須項目でした。
年明け早々の2日の早朝から混雑する電車に乗り込んで出かけ、人混みを堪能してきました。
まだお店の開店時間直後だというのに街は既に大勢の人で賑わっていて、そんな人混みに購買意欲が掻き立てられます(笑)

家族からは『どうせ買っても着て行くところがないのにねぇ~』なんて言われましたが、ダークグリーンのコートと黒の膝丈パンツなどなどをGETしてきました!
買物って最高に楽しい~♪♪

夕食は西口にある横浜モアーズ(YOKOHAMA MORE’S)の9階にあるベルギービアカフェ『GLASS DANCE』でいただくことにしました。
横浜モアーズ(YOKOHAMA MORE’S)は、私が富士宮生活に浸かっているうちにいつの間にやら改装されていたのですね。

20090102.jpg

ここベルギービアカフェ『GLASS DANCE』は、ベルギービールの品揃えが横浜トップクラスだそうで、常時70種類が用意されているのだとか。
確かにメニューには見たこともないビールがたくさん載っていました。

おつまみも美味しいし、ビアホールのような気取らない雰囲気でとっても良かったのですが、ビールのお値段がやや高めかな?って感じがしてしまい、ガブガブプハァ~と豪快にビールを飲む気分にはなれなかったかも(笑)

ベルギーといえば小便小僧とチョコレートとムール貝をすぐに連想します。
お店の看板メニューでもあるムール貝なのですが、この日は品切れとなっていて食べることができず残念でした。

この日、みなとみらいと横浜駅周辺の初売りをほぼ制覇し、移動距離を伸ばした充実の1日でした。

そしてもう1つ大事なこと、それは『帰省したら葉山から必ず美しい富士山をカメラに収める!』
そんな風に気負っていたのですが、夏の帰省に続きまたしてもシャッターチャンスを逃してばかりでした。

20090104.jpg

現地に到着する時刻が遅過ぎたり、雨や雲に邪魔されたり。
写真は、湘南国際村(1月4日)からの夕陽です。
この日は富士山も雲に隠れて見えませんでしたが、それでもオレンジ色に輝く太陽の光はとても綺麗でしたよっ♪

20090106.jpg

そしてこちらは湘南国際村(1月6日)からの富士山です。
この日もぼんやりと霞んで見えました。
海はとっても綺麗なのになぁ~。

後で聞いた話なのですが、お正月の三が日は、葉山でも今まで見たことがないくらいくっきり富士山が見られたのだとか。
ちょっぴり悔しい思いをしました。
ベルギービールを飲んでいなければ、くっきり富士山が撮れていた?!かも知れないですね。

20090121.jpg

そしてこれは、富士宮市麓(1月15日)からの富士山です。
ずっと晴れの日が続いていたのですが、気温が上がらずに数日前に積もった雪が融けずにまだ残っていました。
赤富士とは言えませんが、ほんのりと桃色に染まり綺麗でした♪

初売りで新調したコートとパンツのデビューの日は決まっていません。
でも、ホント、どこに着て行こうかしら(苦笑)

雨上がりのプレゼント♪

11月 13th, 2008

s-img_9976.jpg

雨上がりの午後、朝霧高原の上空には虹がかかりました。
空にかかる虹を見たのは何年ぶりだろう?!
虹の全景こそ見ることはできなかったけれど、雨上がりのプレゼントの虹はとても綺麗でした。
そして、とても幸せ気分になれました♪

日本では、虹は7色(赤、橙、黄、緑、青、藍、菫(紫))と言われていますが、地域や民族・時代によって大きく異なるそうです。
Wikipediaによると、日本でも古くは5色、沖縄地方では2色(赤、黒または赤、青)とされていたとのこと。
そして、現代でもかつての沖縄のように明、暗の2色として捉える民族は多いと記されていました。

面白いですね。
虹色、みなさんは何色で表現しますか?

麓の雨も山頂付近では雪だったのでしょう。
富士山は、真っ白に雪化粧をしていました。

しばらくすると真っ白に雪化粧をした富士山とは対照的に真っ赤な夕焼け空が広がりました。
夕焼け空があまりにも綺麗だったので、カメラを持って急いで田貫湖(たぬきこ)まで車を走らせました。

s-img_9981.jpg

やや出遅れてしまったので、赤に染まる富士山は逃してしまいましたが、田貫湖(たぬきこ)から見える富士山と月を収めることができました。

s-img_0029.jpg

s-img_0032.jpg

田貫湖(たぬきこ)で見えた逆さ富士と月の道?!です。
日没後なのに昼間のように明るく撮れてしまいました。
写真的にはどうかと思われるかも知れませんが、お気に入りの写真となりました。

日が暮れたと同時に吹きはじめた風は、富士山にかかる雲を取り払ってくれました。
富士山の全景がはっきりと見えます。
それは、富士山からも下界がくっきりと見えるということ?

晴れてくっきり、何万ドルかの夜景を期待して登った富士山5合目(富士宮口)。
到着してみると残念ながら小雨が舞っていました。
そして降ったり、止んだりと気まぐれです。
時折私たちの視界を塞ごうとする悪き雨雲と格闘して来ました。

仕方なく車の中に三脚を立てて撮った夜景です。
肉眼ではとても美しく見える夜景ですが、レンズを通すと・・・。
雰囲気だけでもお伝えできれば嬉しく思います。

s-img_0046.jpg

s-img_0075.jpg

11月25日(火)には、通行止めとなってしまう富士山5合目(富士宮口)までのルート上では、野生動物たちとの出会いもありました。
夕食の団欒中だった鹿さん一家やキツネくんたち、みんな驚いた表情でこちらを見ていました。

突然の訪問、大変失礼いたしました。
雨上がりのプレゼント、素敵な夜景をありがとうございました~♪

秋のてくてく歩き

11月 8th, 2008

赤や黄色、色とりどりの木々に囲まれるようになった朝霧高原。
カメラを片手にてくてく歩きをしてみることにしました。
そろそろこの辺りでも紅葉狩りを楽しめそうです♪

実は散歩好きな私。
普段は車で通り過ぎてしまう道も歩いてみると新たな発見の数々
とても楽しいのです。

まず最初に出会ったのは、青い木の実でした。
木々の間から見えるブルーの木の実たちは、こんな感じです。
とっても可愛い~♪

s-img_9876.jpg

s-img_9965.jpg

沢山の実は、桃色だったり、上品な紫色や高貴な瑠璃色だったりと
そのグラデーションが何とも言えません。

花瓶に生けたら・・・。
リースにしてみたら・・・。
平皿にさり気なく飾ってみると・・・。

想像の世界で秋色のディスプレイがいくつも完成してゆきました。
こうなるとやっぱりフラワーアレンジメントくらいは習っておくべきだった!?
いつも自己流です(笑)

少し歩くと道沿いに広がる畑が目に入りました。

s-img_9879.jpg

大根と白菜が行儀良く並んでいる畑は、育ての親の性格までもが見えて来るようでした。
フカフカの土に整列している大根は、みな同じ背丈なんですね。
葉っぱも青々としていて美味しそう!
こんな風に立派に成長するまでいっぱい手をかけてもらったのでしょう。

大根畑を目の前にして無性にブリ大根が食べたくなりました。
近いうちに作ってみようと思います。
みなさんはどんな大根料理がお好きですか?

私が今日てくてく歩いているこの場所は、人穴(ひとあな)という地名が付いています。
ここ人穴(ひとあな)には、工藤夕貴さんのお店「CAFE? NATUREL」
(カフェ ナチュレ)があります。
犬?!多分プードル?!が逆さまになったイラストが目印です。

s-img_9886.jpg

「CAFE? NATUREL」(カフェ ナチュレ)では、
工藤夕貴さんが育てた無農薬の野菜を使ったお料理や有機栽培されたコーヒーや紅茶を提供してくださるそうです。

グリーンの屋根とクリーム色の壁の洋風の可愛らしい建物が2棟建っていますが、手前の建物がカフェとして使われているようです。
お茶したいけれど、今日の私は可愛らしいカフェでお茶ができるような身形ではありませんでしたので、残念ながら、次回に持ち越しとなりました。

s-img_9887.jpg

写真は駐車場からですが、これが「CAFE? NATUREL」(カフェ ナチュレ)から見える景色です♪
富士山が正面に見えるベストポジションですね。

可愛いカフェを通り過ぎて、てくてく歩いて行くと見えてくるのが「日本盲導犬総合センター」です。

s-img_9893.jpg

s-img_9895.jpg

ここは、盲導犬候補の子犬や訓練犬、母犬や引退犬たちが暮らす盲導犬の総合センターで2006年10月にオープンした施設です。
盲導犬や視覚障害についての理解を深めるための施設として毎日見学することができます。

私は、この施設も未体験です。
近いうちに是非訪れてみたいと思っていますので、レポを楽しみにしていてくださいね。

更に進んで行くと遠くに見えるのは「富士ミルクランド」です。
花壇には黄色い花が秋の陽に照らされていました。
周りの木々の紅葉にも負けない鮮やかな黄色でした。

s-s-img_9905.jpg

s-s-img_9912.jpg

ここ「富士ミルクランド」では、酪農体験や農業体験ができる(体験には事前の予約が必要になります)レジャースポットです。
美味しい乳製品や朝採りの新鮮野菜を購入することもできますし、自然や動物達とのふれあいも楽しめます。
ゆっくりと朝霧高原の自然を満喫したい方には「富士ミルクランド」の宿泊ロッジもオススメです!
雄大な富士が目の前に広がる絶景スポットです。

s-img_9919.jpg

そんな「富士ミルクランド」で私の目の前を横切る白い物体!
モコモコした白い動物の正体は、ヒツジさんでした。
私も「富士ミルクランド」で動物とふれあって来ちゃいました。
美味しい葉っぱだよ~♪

s-img_9930.jpg

ふと時計を見るともう16時。
今日のてくてく歩きは、ここまで。
日が暮れるのも足早な秋、先に進みたい気持を抑え、来た道を引き返すことにしました。

帰り道、同じ道でも来た時とは見えるものが違うから不思議です。
たっぷりの秋をカメラに収めました。

s-img_9937.jpg

s-s-img_9940.jpg

s-img_9960.jpg

昨日の歩行距離は約8kmくらいでしょうか?
今日は足腰に痛みが走ります。
秋晴れの午後、気持の良い時間を過ごしました。

みなさんの紅葉狩りの予定はもうお決まりですか?
朝霧高原からの富士山と紅葉のコラボもオススメです。

富士登山口(富士宮口、御殿場口、須走口)

7月 29th, 2008

玄関を出て、見上げてみれば、富士山に雲ひとつない快晴。
出不精にガソリン高騰が重なり?!このところ家の中で過ごしがちだったのですが、久しぶりにドライブに出掛けることにしました。

「こんなに天気が良ければ、富士山からの眺めは最高なんじゃない?」ということで、富士山5合目を目指して出発進行!!

まずは、お店から一番近い 富士宮口(三島口)を目指します。
雑貨運搬用として大活躍している軽ワゴンは、唸り声を上げて登山口に近づこうと必死です。
燃料の消費を抑えるためにこの軽ワゴンを選んだのですが、この調子だと余計にガソリンを消費しそうだし、環境破壊のような気がして後悔の念が込み上げて来ました。

そうしてやっとのことで辿り着いた富士登山富士宮口(三島口)。
駐車している車のナンバーから地元の人々と関西方面からの登山・観光客が多い富士登山口となっているようです。

fujitozan01.jpg

富士登山道入口付近では、富士宮口5合目に観光にやってきた人々が記念写真を撮っている姿が目立ちました。

fujitozan02.jpg
登山道に目を向けると腰の曲がったお婆ちゃんが山頂目指して山を登っています。
「お婆ちゃん、頑張ってくださいね!」

fujitozan03.jpg

富士登山富士宮口(三島口)からの眺めはこんな感じです。
左は伊豆半島、正面には駿河湾、右には清水の三保の松島を一望できる大パノラマが目の前に広がります。

■富士登山富士宮口(三島口)
■所要時間:登山4~7時間、下山:2~3時間
■利点
①登山口の標高が2,400Mで山頂まで最短距離で登れる。
②駿河湾を一望できる眺望が魅力的。
③日出、日没時に「影富士」を見ることができる。
■難点
①登山道と下山道が同じルートのため、混雑しやすい。
②登山道や山小屋からの御来光が拝めない場所が多い。
③南斜面のため、日差しの影響を受けやすい。

次は、御殿場口へと向かいます。
途中、マイカー規制の布かれる時期には登山客の駐車スペースとなる水ケ塚公園に寄りました。

ここは、富士山スカイライン沿いにある標高1,500M一帯に広がる自然公園です。
公園からは、宝永山を正面に見ることができます。
宝永山ハイキングコースもここ水ケ塚公園から始まるそうです。
この公園では、売店やお手洗いの設備もあります。
景色も良く、とても便利な公園は、観光客にとって重要なスポットだと思いました。

fujitozan04.jpg

そして、富士登山御殿場口へと入っていきます。
富士登山御殿場口5合目は、他の登山口よりも標高が低く、富士山スカイラインからの分岐点からは、近くに感じることができます。

ここ御殿場口の駐車場は、貸切の観光バスが8台と乗用車数台が停まっている程度でとても空いていました。

fujitozan05.jpg

富士登山御殿場口は、ひっそりとしている感じがしました。
しばらくすると富士登山を終えた小学生の団体がワイワイ、ガヤガヤとその沈黙を破り、バスを連ね帰って行きました。
みんな全身真っ黒になっていて、とても疲れている様子でした・・・。
「夏休みの思い出いっぱいできたかなっ?」

fujitozan06.jpg

富士登山道からは、こんな風に見慣れた富士山らしい山の姿が見えます。
ここ御殿場口5合目は、山頂までの距離が一番長いルートなので、ゆっくり登りたい方にオススメですが、どちらかというと大砂走りがあることで下山道として人気が高いようです。

fujitozan07.jpg

富士登山御殿場口からの眺めは、こんな感じです。
眼下に広がる山々を見下ろすことができるのですが、山の天気は変わりやすく、さっきまで晴れていたかと思うと、5分もするとこんな風に一気に雲に覆われたりします。
下界を一望できる写真を残せませんでした。

fujitozan08.jpg

御殿場口では、富士登山道の入口付近の植樹運動が盛んに行われいるようでした。
小さな苗木が大きく育ち、登山客を迎え入れてくれる日は、そう遠くないはずです。
ここでは、ホタルブクロや野バラ、フジアザミ、その他いろいろな植物を見ることができました。

■富士登山御殿場口
■所要時間:登山7~8時間、下山:3時間
■利点
①他の登山道よりも空いているため、ゆっくり登れ、帰りは大砂走りで快適に下山できる。
②標高が低く、高度に順応しやすい。
③どの場所からも御来光を拝むことができる。
■難点
①標高が低いため、山頂までの距離があり、体力が必要。
②景色が単調で、砂礫の部分が多く登りづらい。
③山小屋が少なく、休憩がとりにくい。

最後は、須走口です。
ここは、位置的にお店ある朝霧高原の真後ろに当たる登山口です。
ちょうどこれで富士山を半周したことになります。

ふじあざみラインを入ると、並木に挟まれた気持ちの良い直線道路を走り抜けることになります。
木と木の間からは富士山が顔を出しています。

fujitozan14.jpg

しばらく走ると、かなりの急勾配にまたしても軽ワゴンは、唸り声を上げて急坂を登りはじめました。
登山道まであと5KM、4KM、3KMと、なかなか目的地までの距離が縮まりません。

そして、やっとのことで須走口に到着です。
駐車場は、それなりに広く、整備されていて、登山客もやや多いような印象を受けました。
また、ここ富士登山須走口は、他の2つの登山口に比べると、駐車場に誘導員がいたり、呼び込み上手な売店があったりと、観光に力を入れている感じがしました。

fujitozan09.jpg

富士登山須走口の入口付近は、こんな感じです。
神社のあるところまでは人工的に作られた階段を上ることになりますが、それ以降は、しばらく森の中の道を歩くようになります。

fujitozan10.jpg

しばらくは木々に覆われた緑が続く登山道、鳥のさえずりに耳を傾けたり、高山植物を観察しながらハイキング気分で登山ができそうな雰囲気でした。

fujitozan11.jpg

富士登山須走口からの眺めです。
雲が垂れこめてしまいましたが、左手には山中湖を見ることができます。

■富士登山須走口
■所要時間:登山5~6時間、下山:2時間30分
■利点
①河口湖口と合流する本8合目までは比較的ゆっくり登れる、帰りは砂走りで下山できる。
②緑が多く、草花を観察できる。
③どの場所からも御来光を拝むことができる。
■難点
①標高がやや低いため、それなりに体力が必要。
②下山道の砂走りは、石が多く軽快には下山できない。
③御来光の時間帯は渋滞しやすい。

これで今日の目的は達成です。
開山期のこれからは、ますます登山客で賑わいをみせるであろう富士山。
登山されるみなさんの登頂達成と無事下山を祈りたいと思います。

fujitozan12.jpg

帰り道、御殿場市内では、こんなに素敵な夕焼けが広がりました。
富士山がオレンジ色に包まれて、うっとりするような時間が流れていきました。

fujitozan13.jpg

黄昏時を過ぎたころ、富士山の山小屋にはポツリ、ポツリと灯りが点りました。
「みなさん、明日に備え今宵はゆっくり休めますように☆」

そう富士登山を見守る私ですが、まだ一度も登頂したことがありません。
18年位前に山頂を目指して仲間と登山したものの、9合目直前で一歩も動けなくなり仲間と一緒に下山することになったのです。

その後も何度か5合目までは足を運んでいるのですが、どうもあの時のことを思い出すと富士登山に消極的になってしまうのです。
そう、高山病が怖くて仕方ないのです・・・。

今日の富士山

7月 12th, 2008

fujisan.jpg

2008年7月12日(土)の朝霧高原からの富士山です。
今日は、晴天に恵まれました。

「富士山、お久しぶりでございます。」

ここ最近は、梅雨空が続いていましたから、こんな風に青空をバックに富士山の全景を見ることができたのも、久しぶりなんですよっ!!

今日は、絶好の行楽日和となりました。
河原で水遊びを楽しむ家族連れ、仲間と緑のバイパスを走り抜けるツーリング、フレッシュミルクで作ったソフトクリームを照れながら交換し合うカップルたち、採れたて新鮮野菜を買い求めるご夫婦。
みなそれぞれ良い笑顔でした。

「ここ、朝霧高原を満喫していただけましたでしょうか?
またのお越しを心よりお待ち申し上げております。」

みんな、高原にやって来た短い夏を思いきり楽しんでいました。
恵みの雨もこの時季になると・・・。
梅雨明けがとても待ち遠しいですね。

表では、蜩が鳴いています。
日が落ちると昼間の夏日が幻だったのではないかと思えるほど、涼しい風が吹き始めました。
明日はどんな天気になるのかな?

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta