ふもとっぱら

11月 15th, 2008

早くも冬支度を始めている朝霧高原ですが、私の中では聖子ちゃんの「風立ちぬ♪」がぐるぐると回っています。

聖子ちゃんの歌を歌いつつ、まだまだ楽しめる秋の朝霧高原と富士宮市内にあるレジャースポットの数々を数回に分けてご紹介して行きたいと思います。

今日ご紹介するのは、「ふもとっぱら」という場所です。
ここは、富士宮市麓(ふもと)にある自然を感じ、体験できる休暇・宿泊施設です。
「ふもとっぱら」というネーミングですが、ちょっと乱暴な感じで、それでいて可愛くて、インパクトがあると思いませんか?

s-img_0230.jpg

ここ「ふもとっぱら」の豊かな自然と雄大な富士を望む広大な敷地では、年間を通して様々なイベントや体験プログラムが企画されているそうです。
デイキャンプやバーベキューなどもできるので、日帰りでも朝霧高原を存分に楽しめちゃうオススメのスポットです。

私はここから眺める富士山が好きで、何度か足を運んでいます。
「ふもとっぱら」の草原に寝そべって見る富士山は、こんな感じです。

s-img_0235.jpg

とっても綺麗でしょっ♪
あまりにも綺麗だったので、友人の携帯にも送信しちゃいました。

これから厳しい冬に入る富士山の麓。
「ふもとっぱら」から見える富士山は、これからがますます美しくなります。

s-img_0236.jpg

「ふもとっぱら」の目の前には雄大な富士山が聳え、後方には毛無山(けなしやま)と連なる山々。
間近に広がる大自然が魅力的な場所です。
映画やドラマのロケ地になったりもしている場所でもあります!

ふもとっぱら
静岡県富士宮市麓156
Tel.0544-52-2112

秋のてくてく歩き

11月 8th, 2008

赤や黄色、色とりどりの木々に囲まれるようになった朝霧高原。
カメラを片手にてくてく歩きをしてみることにしました。
そろそろこの辺りでも紅葉狩りを楽しめそうです♪

実は散歩好きな私。
普段は車で通り過ぎてしまう道も歩いてみると新たな発見の数々
とても楽しいのです。

まず最初に出会ったのは、青い木の実でした。
木々の間から見えるブルーの木の実たちは、こんな感じです。
とっても可愛い~♪

s-img_9876.jpg

s-img_9965.jpg

沢山の実は、桃色だったり、上品な紫色や高貴な瑠璃色だったりと
そのグラデーションが何とも言えません。

花瓶に生けたら・・・。
リースにしてみたら・・・。
平皿にさり気なく飾ってみると・・・。

想像の世界で秋色のディスプレイがいくつも完成してゆきました。
こうなるとやっぱりフラワーアレンジメントくらいは習っておくべきだった!?
いつも自己流です(笑)

少し歩くと道沿いに広がる畑が目に入りました。

s-img_9879.jpg

大根と白菜が行儀良く並んでいる畑は、育ての親の性格までもが見えて来るようでした。
フカフカの土に整列している大根は、みな同じ背丈なんですね。
葉っぱも青々としていて美味しそう!
こんな風に立派に成長するまでいっぱい手をかけてもらったのでしょう。

大根畑を目の前にして無性にブリ大根が食べたくなりました。
近いうちに作ってみようと思います。
みなさんはどんな大根料理がお好きですか?

私が今日てくてく歩いているこの場所は、人穴(ひとあな)という地名が付いています。
ここ人穴(ひとあな)には、工藤夕貴さんのお店「CAFE? NATUREL」
(カフェ ナチュレ)があります。
犬?!多分プードル?!が逆さまになったイラストが目印です。

s-img_9886.jpg

「CAFE? NATUREL」(カフェ ナチュレ)では、
工藤夕貴さんが育てた無農薬の野菜を使ったお料理や有機栽培されたコーヒーや紅茶を提供してくださるそうです。

グリーンの屋根とクリーム色の壁の洋風の可愛らしい建物が2棟建っていますが、手前の建物がカフェとして使われているようです。
お茶したいけれど、今日の私は可愛らしいカフェでお茶ができるような身形ではありませんでしたので、残念ながら、次回に持ち越しとなりました。

s-img_9887.jpg

写真は駐車場からですが、これが「CAFE? NATUREL」(カフェ ナチュレ)から見える景色です♪
富士山が正面に見えるベストポジションですね。

可愛いカフェを通り過ぎて、てくてく歩いて行くと見えてくるのが「日本盲導犬総合センター」です。

s-img_9893.jpg

s-img_9895.jpg

ここは、盲導犬候補の子犬や訓練犬、母犬や引退犬たちが暮らす盲導犬の総合センターで2006年10月にオープンした施設です。
盲導犬や視覚障害についての理解を深めるための施設として毎日見学することができます。

私は、この施設も未体験です。
近いうちに是非訪れてみたいと思っていますので、レポを楽しみにしていてくださいね。

更に進んで行くと遠くに見えるのは「富士ミルクランド」です。
花壇には黄色い花が秋の陽に照らされていました。
周りの木々の紅葉にも負けない鮮やかな黄色でした。

s-s-img_9905.jpg

s-s-img_9912.jpg

ここ「富士ミルクランド」では、酪農体験や農業体験ができる(体験には事前の予約が必要になります)レジャースポットです。
美味しい乳製品や朝採りの新鮮野菜を購入することもできますし、自然や動物達とのふれあいも楽しめます。
ゆっくりと朝霧高原の自然を満喫したい方には「富士ミルクランド」の宿泊ロッジもオススメです!
雄大な富士が目の前に広がる絶景スポットです。

s-img_9919.jpg

そんな「富士ミルクランド」で私の目の前を横切る白い物体!
モコモコした白い動物の正体は、ヒツジさんでした。
私も「富士ミルクランド」で動物とふれあって来ちゃいました。
美味しい葉っぱだよ~♪

s-img_9930.jpg

ふと時計を見るともう16時。
今日のてくてく歩きは、ここまで。
日が暮れるのも足早な秋、先に進みたい気持を抑え、来た道を引き返すことにしました。

帰り道、同じ道でも来た時とは見えるものが違うから不思議です。
たっぷりの秋をカメラに収めました。

s-img_9937.jpg

s-s-img_9940.jpg

s-img_9960.jpg

昨日の歩行距離は約8kmくらいでしょうか?
今日は足腰に痛みが走ります。
秋晴れの午後、気持の良い時間を過ごしました。

みなさんの紅葉狩りの予定はもうお決まりですか?
朝霧高原からの富士山と紅葉のコラボもオススメです。

今日の富士山

7月 12th, 2008

fujisan.jpg

2008年7月12日(土)の朝霧高原からの富士山です。
今日は、晴天に恵まれました。

「富士山、お久しぶりでございます。」

ここ最近は、梅雨空が続いていましたから、こんな風に青空をバックに富士山の全景を見ることができたのも、久しぶりなんですよっ!!

今日は、絶好の行楽日和となりました。
河原で水遊びを楽しむ家族連れ、仲間と緑のバイパスを走り抜けるツーリング、フレッシュミルクで作ったソフトクリームを照れながら交換し合うカップルたち、採れたて新鮮野菜を買い求めるご夫婦。
みなそれぞれ良い笑顔でした。

「ここ、朝霧高原を満喫していただけましたでしょうか?
またのお越しを心よりお待ち申し上げております。」

みんな、高原にやって来た短い夏を思いきり楽しんでいました。
恵みの雨もこの時季になると・・・。
梅雨明けがとても待ち遠しいですね。

表では、蜩が鳴いています。
日が落ちると昼間の夏日が幻だったのではないかと思えるほど、涼しい風が吹き始めました。
明日はどんな天気になるのかな?

朝霧高原の鯉のぼり

5月 6th, 2008

ゴールデンウィークの最終日の今日は、ここ朝霧高原も晴れのお天気に恵まれました。
吹く風も爽やかで、とても清々しい陽気の1日となり、絶好の行楽日和となりました。

5月5日の端午の節句には間に合わなかったけれど、今日は朝霧高原で元気に泳ぐ鯉のぼりをご紹介したいと思います。

ここは、静岡県富士宮市麓(ふもと)。
朝霧高原を南北に縦断する国道139号線沿いに設置されている「さわやかパーキング」というパーキングの向かい側に広がる草原地帯の一角です。

ここは酪農が盛んな場所で、草原ではのんびり牛が草を食む姿を見ることができます。
そんな風景が北海道に似ていることから、ここ朝霧高原はプチ北海道などと言われることもあるようです。

その朝霧高原に毎年5月5日の端午の節句の前に空高く揚げられる鯉のぼりがあります。
朝霧高原の鯉のぼりは、写真にあるように雄大な富士山をバックに泳ぐ鯉のぼりが自慢です。
富士山と空高く泳ぐ鯉のぼりを一緒に撮影できるということで、カメラマンにも人気のスポットとなっています。

2008050501.jpg
朝霧高原の鯉のぼり

朝霧高原の鯉のぼり撮影スポットは、今日も多くの人たちで賑わっていました。
あちらにも、こちらにもカメラを構えた小父様方が沢山いらっしゃいました。

2008050502.jpg
朝霧高原の鯉のぼり追っかけ隊?!

鯉のぼりは、中国の登竜門の故事に由来しているそうです。
登竜という激流(登竜門)を鯉が登り、最後には龍になったという話を受け、鯉には出世と健やかな成長を願う親の気持ちが託され、江戸時代から、盛んに立てられるようになったそうです。
他にも子供が産まれた家で「この家の子供をお守り下さい」と天の神様への目印のために立てたという説もあります。

童謡の「せいくらべ」も5月5日に思い出されますね♪
柱にキズをつけて母に叱られた思い出も同時に蘇ります。

黄すみれ(キスミレ)

4月 15th, 2008

お店「GREENSING」のある、ここ朝霧高原では、黄色いすみれ(キスミレ)と出会うことができます。

yellow-violet.jpg?

このキスミレは、野生のスミレでは珍しく、桜の咲く頃に黄色い可憐な花を咲かせます。
静岡県から九州の太平洋側(主に阿蘇の山間部)に分布しているのですが、開発と乱獲により、その数は年々少なくなり、絶滅危惧II類に指定されている貴重な植物です。

キスミレが自生できる日当たりの良い草原が広がる朝霧高原。
この場所がいつまでもキスミレ達のオアシスであり、その可憐な姿をこれからもずっと見守れていかれたら幸せですね♪

写真はご近所さんの庭先で咲いたキスミレです。
草原の中でひっそりと咲くキスミレ、いつかカメラにおさめたいです!!

Links

Recently Written

Categories

Archives

Tags

Meta